観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 巾着田で曼珠沙華を鑑賞
2011年10月05日 (水) | 編集 |
manju1

 今日は曼珠沙華の名所、埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)を訪れた。明日から雨だというので、今年最後の花の見ごろだと思い、遅い1日だけの夏休みをとったのだ。

 巾着田とは珍しい名前だが、近くの日和田山山頂から見ると、高麗川に囲まれた巾着のような形をした平地であることから命名されたそうだ。

 最寄駅は西武池袋線の「高麗駅:で、このあたりはかつて武蔵国高麗郡で、8世紀に高句麗からの渡来人が移り住み、開墾して稲作を伝えたところだ。近くに開運神社として名高い高麗神社がある。

 私と夫はどういうわけか、昨年10月に訪れてから高麗神社が気に入って、2、3ヵ月に一度は「高麗詣で」をしている。巾着田もドライブがてら偶然立ち寄って知った場所で、そのときは菜の花が綺麗だった。

 ふだんは観光客などほとんどおらず、のどかな田園風景が広がるばかりの場所なのだが、9月中旬から10月はじめ、曼珠沙華の咲く時期になると、まさにお祭り騒ぎのにぎわいになる。

 西武鉄道の宣伝が行き届いているせいか、平日の昼前だというのに、臨時に設けられた駐車場にも車が一杯。先生に引率された遠足の小学生から定年退職後と思しき夫婦連れまで、「100万本の曼珠沙華」に魅かれた老若男女が関東一円からやってくる。群生地前のふれあい広場にはたくさんの屋台が出ていて、大勢の人たちが休憩所で名物の高麗鍋や海苔巻、おだんごなどを楽しんでいる。

yatai
 
 曼珠沙華は水田のあぜ道や土手などにも群生しており、外からでも鑑賞できなくないが、ほとんどの人たちは200円也を支払って巾着田の中にある曼珠沙華公園に入る道を選ぶ。スカーレット色(紅赤、赤丹とも言えるが)の絨毯がどこまでも広がる曼珠沙華群生地の中を散策することができるからだ。

koen

 公園内では誰もが目の前の美しい景色を少しでも記録に残そうと、しきりにシャッターを押している。高価そうなプロ仕様のカメラ片手に熱心に撮影する人も少なくない。それでも、目に映った幻想的な景色をそのまま写真にすることは到底不可能に思えるのだ。

 群生地の外側には高麗川が流れており、河原でのんびりとお弁当を広げたり、椅子持参でスケッチする人たちもいる。川の流はおだやかで、水は綺麗だ。夏に来たときは、地元の子供たちが橋の上から飛び込んでいたので驚いた。千三百年前に入植した高麗の人たちも同じ川の流れを見ていたのだろうか。

kawara

 曼珠沙華はサンスクリット語のmanjusaka の音写が語源ともいわれ、日本ではマンジュシャゲ、またはマンジュシャカ、秋のお彼岸の時期に咲くことから、別名「彼岸花」とも呼ばれる。仏典では、白色柔軟で、これを見る者はおのずから悪業を離れる“天界の花”という意味があるそうだ。確かに数は少ないものの白い花もあって、そちらだけ見ていると、極楽往生できそうな清純無垢な印象を受ける。

manjyu2

 けれども、赤い曼珠沙華は花火が打ち上げられたような細い花弁が妖艶で、引き込まれるような怖さを感じる。花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」。有毒性があり、食すると腹痛や下痢を起こし、場合によっては死に至るという。

manjyu3

 美しすぎるものには近寄るなと、仏さまが人間への戒めに毒をお与えになったかどうかはわからないが、史前に中国から伝来した花というから、高麗の郷こそ曼珠沙華にふさわしい棲家なのだろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。