観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 茶亭 羽當(ちゃてい はとう)
2013年10月12日 (土) | 編集 |
 hato1.jpghato2.jpg

 今日(正確には昨日ですが)、渋谷でセミナー取材があり、4時間くらい集中して講演を聞いていたので、帰りに渋谷のカフェ「茶亭 羽當(ちゃてい はとう)」に寄って、ほっと一息ついてきました。渋谷駅から徒歩1、2分、明治通りを1本入ったところにある店で、先月で開業25年になるそうです。

 親しくしている編集者に4、5年前に教えてもらったのですが、渋谷には打ち合わせできる喫茶店があまりないので、仕事に使ったり、たまに一人でふらりと立ち寄ったりしています。
 雰囲気は神保町の喫茶店のようです。今日もカウンターの左隣りの若い女性は、ワインカラーの革カバーをかけたKindleで本を読んでいましたし、右隣りの30代前半くらいに見える男性は、常連さんなのかパリスタと談笑しながら、使い込んだシステム手帳に何か書き込んだりしていて、一人でもリラックスできる空間です。お店の人たちもみなさん気さくで感じがよくて、自然と話しかけてしまうんですよね。

 注文したのは「炭火煎羽當オリジナルブレンド。それと今日はシナモンケーキもいただきました。ブレンド800円、ケーキ500円と少々値ははりますが、パリスタが1杯1杯丁寧に淹れてくれる、やや酸味の強い珈琲は絶品です。量もたっぷりあるのが嬉しいところ。飾ってあるカップを見ていると心が癒されます。

hato3.jpg

 東急沿線に住んでいるので、最寄りのターミナル駅は渋谷ということになのですが、とにかく人が多くて、待ち合わせできる喫茶店がありません。先日、「ここなら空いているだろう」と思って、109MEN's店2階にある星乃珈琲を指定したところ、Cメールが来て「混んでて入れない」と言われてびっくり。結局、南口の麻布茶房に移動しました。

 それに今はほとんどがチェーン店で、昔ながらの喫茶店は姿を消してしまいました。そんな中で茶亭 羽當は世界に1軒だけの大人のためのカフェ。あまり有名になって混んで欲しくないけれど、でもちょっと自慢したいと思わせる大人の隠れ家なのです。

 ちなみに、今日のセミナーーのテーマはビッグデータの分析をビジネスにどう活かすか。老舗珈琲店の雰囲気とはミスマッチですが、そういえば、渋谷を「ビットバレー」と呼んで、日本のシリコンバレーにしようなんて話があったことを思い出しました。あのITブームはなんだったんでしょう。
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。