観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 晴天のジューンブライド
2013年06月03日 (月) | 編集 |
 今日(正確には昨日)はライターの後輩Yさんの結婚式にお招きいただきました。天気予報では雨で寒いと聞いていたので、「せっかくなのに残念!」と思っていたら、雲一つない青空が広がって、幸せいっぱいのジューンブライトです。

  お式は彼女が幼少の頃から通っていた杉並区のカトリック教会でした。緑の多い閑静な住宅街の中にある立派な教会で、ステンドグラスがとても綺麗でした。2階のパイプオルゴンの荘厳な響き、独唱の「愛の賛歌」(ピアフのじゃなく、聖書のです)の言葉も一つひとつ胸に響いて、とてもよいお式だったと思います

y1
y2

 もう同級生や周囲の友だちに結婚しなさそうだし、姪や甥が結婚するのは早くて数年先だろうから、当分、結婚式に出ることはないと思っていたので、連絡をもらったときはビックリするやら、嬉しいやら。しかも、新居はうちの最寄駅から5分のところというので、なおさらです。

 式の後は教会の前でフラワーシャワーやシャンパンでの乾杯など、ガーデンパーティのような時間もあって、ホームチャーチならではの温かい雰囲気にほっこりし、留学時代、ハーバード大学で結婚した知人の結婚式に出席したことを思い出してしまいました。 

y3
y4
 
 Yさんは社会人入学で博士課程に通う可愛さと知性を併せもった素敵な女性ですが、なぜか40代の声をきくまでご縁に恵まれませんでした。それが、お友達の紹介で5歳年上のご主人と出会い、1年お付き合いして、ゴールインの運びとなったそうです。

 披露宴で語られたなれそめの話によると、第一印象は「う~ん」という感じだったそうですが(笑)、自分の愚痴やクレームに実に根気よく耳を傾けてくれて、意見の衝突とか問題があったときに、新郎が予想もしないような+αをつけたリアクションを返してくれるので、「この人、すごいかも」とその人間性と包容力に惹かれていったそうです。

 司会(お隣に住んでいる78歳のダンディな方で、とびっきりステキでした!)の方が、「それはなれそめではなく、おのろけですね」とコメントしたら、Yさんが豪快かつすごく嬉しそうに笑っていたのが印象的でした。様のイキな図らいで、最適なときにライトパーソンと巡りあったわけですね。

 新婦がオペラ椿姫から「乾杯の歌」を披露したと思ったら、新郎はお庭でテコンドー(3段らしい)の演武を見せてくれて、ブルース・リーみたいにヌンチャクも振ってました。結婚式で演武を見たのは初めてですが、やはり、気持ちだけでなく、実際に「強い」男性は頼りがいがあっていいですね。

 友人の結婚式には20回以上でていますが、20代前半の結婚と40代では、結婚の意味合いとか、安定感がまるで違うように思います。40代になると新郎はもう社会で管理職ですし、新婦もキャリアをしっかりつんでます。もう、親なしでやっていける2人が、それでも2人で暮らしていこうと決めたわけで、地に足がついていて、安心して見ていられます。

 およばれされたお友達のコメントやご両親・ご親戚の方たちの様子を見ていても、お2人が大勢の人たちから愛され、またそれに価する人たちであることがよくわかり、とてもよい結婚式でした。私も幸せのお裾分けをしてもらい、ハッピーな気持ちで家路につくことができました。

 お二人とも、本当におめでとうございます。末永くお幸せにね!!

(余談)

 教会で独唱のあった「愛の賛歌」は、参列者が唱和することはあっても、歌になったのを聴いたのは初めてだったのですが、これがとてもよくて感動してしまいました。アメリカにいた頃は毎週熱心に教会に通い、聖書の勉強会にまで出ていたのに、すっかり教会生活から遠ざかっていますが、改めて聖書の言葉を目にすると、改めて「人が実践できないムリなことを要求することで」自分が何者かわからせる力強さがあるなあ、と感心しました。
 信仰があっても、愛がなければ意味がないと言ってるんですから、かなりラディカルですよね。エセ信者より、真心のある隣のおじさんの方がいいよってわけですから。なので、自分のために、最後に愛の賛歌をかきつけておこうと思います。

          たとえ人と天使のことばを話しても、
            愛がなければ鳴るどらのよう。
       また、預言する力を持ち、すべての知識に通じていても、
    山を移すほどの深い信仰を持っていても愛がなければ無にひとしい。
    また、持っているものすべてを施し、体を焼かれるために渡しても、
            愛がなければ、むなしい。
      愛は 心ひろく、なさけあつく、愛は ねたまず、高ぶらない。
      礼にそむかず、利をもとめず、いきどおらず、恨みをいだかず、
        不正をよろこばず、真実をよろこび、すべてを包み、
        すべてを信じ、すべてを希望し、すべてを耐え忍ぶ。
            愛は いつまでも 絶えることがない。
          誇ろうとして我が身を死に引き渡そうとも、
          愛がなければ、わたしに何の益もない。
            愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。
       愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、
        苛立たず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
          すべてを許し、すべてを信じ、すべてを希望し、
                 すべてを耐え忍ぶ。
            愛はいつまでも絶えることが無い。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。