観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 R.S.Booksで買った『格闘する者に〇(まる)』を読了
2012年05月29日 (火) | 編集 |
 
格闘する者に○

 人と同じように、本には出逢いというものがある。いくら人に薦められても、なんとなく縁がなくて通りすぎていたのに、時の流れで邂逅するというような・・・。私にとって、三浦しをんというのはそういう作家だった。

 親友とその家族は随分前からお気に入りで、『風が強く吹いている』に感動して映画まで見に行き、その映画にさらに感動を深くして帰ってきたようだが、なにしろ私は駅伝のどこが面白いのかさっぱりわからない(命を懸けている方、ごめんなさい)ためスルーしてしまい、文楽を舞台にしたという『仏果を得ず』が出たときは、タイトルが秀逸だし、興味のある世界だから読みたいと思いつつ、なんとなくそのままになっていた。

 そして、運命の5月25日、遂に私はしをん嬢に、八重洲地下街の古書店「R.S.Books」の本棚でめぐり逢ったのであった(オーバーですね、ハイ)。金欠なのに本を見ると衝動買いがやめられず、魅力的な書棚の誘惑に勝てずに一度に9冊購入。そのうちの2冊がしそん嬢の作品、『格闘する者に〇(まる)』と『仏果を得ず』であった。

 2000年に出版されたデビュー『格闘する者に〇(まる)』はすごく読みやすくて2日で読了。ファンの方はみなさんご存じだと思うけれど、マンガ大好きの女子大生可南子がマンガ編集者を夢見て就職活動を展開する物語である。

 74年生まれのしをんさんよりずーっと前に生まれ、雇用均等法以前に当時嫌われた4年制の女子大生として就職活動した私が一番驚いたのは、女性に開かれた職場というイメージのある出版社でも、セクハラまがいの男子学生優遇採用が実施されていたこと。

 確かに、採用関係の取材を長年やってきて、企業がワークライフバランスとか言って、女性社員の出産・子育てを支援し始めたのは、この4、5年のことだ。ほんとに日本って、おカミがこうしろと号令をかけ、周りがやりだすと一斉に舵を切るんだな。そういう意味では、共産主義顔負けという気がする。

 ジャンルから言うとユーモア小説というべきか。「平服で」と言われてデパートの面接に豹柄のブーツで行くエピソードなど笑ってしまうし、華やかな容姿でいつも男にモテモテの砂子と博学でゲイの仁木君という親友二人のキャラクターも魅力的なのだが、ラストはちょっと淋しさが漂う。最後はおじいさんの書道家で足フェチの恋人西園寺さんが中国へ旅立ち、集A社や丸川書店も面接までいったのに落とされて、一人で社会に立ち向かわねばならないことが暗示されているからだ。

 『格闘する者に○』というタイトルは、出版社の試験官が「該当するもの」というべきところを間違えていった言葉が使われているのだけれど、物語が進むにつれて、意味をもった言葉になっていく。会社に適応しなさそうでも、就職活動がいかに過酷でも、とにかく、後悔しないようにじたばた行動し、社会と向きって格闘することが人間として正しいんじゃないかと。
 
 う~ん、軽くて深い、面白くて淋しい。
 大学でたてでこれを書いたしそん嬢は、やはりただ者でないのであった。
 
 かくいう私は、子供がいたら就職するようなトシになって、今だに社会、仕事、家族、自分となんにでもかんにでも格闘している。大学生の頃は言うまでもなく、20代で「普通のOL」をしていた時代でも、こんな未来の自分は想像すらできなかった。

 とはいえ、取材して人と出会う、話にじっと耳を傾ける、感動する、書く、という一連の作業は、大変さはあっても楽しいし、生きていると実感させてくれるものではある。その「場」が与えられているのも、自分なりに格闘してきた結果だと思えば、人生よしとせねばなるまい。

 次回は本好き女性店員さんが運営するレトロな古書店「R.S.Books」について書きたいと思う。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。