観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自由が丘 セントクリストファーガーデンでお茶
2012年05月28日 (月) | 編集 |
 英国1

 日曜日、あまりにお天気がよかったので、自宅でランチした後、お腹ごなしに自由が丘まで散歩してお茶をしようということになった。入ったのはセントクリストファーズ ガーデン。英国風のバラの咲く庭園を眺めながら、これまた英国風の邸宅で優雅にティータイムをいたしましょう、というコンセプトのお店である。

 実は、最初に目指していたのはカスタネットというテラスのあるお店。が、ここは犬同伴OKなので、テラス席はドッグラバーの社交場と化しており、満席状態。お犬さんが嫌いなわけではないけれど、人と群れないキャットラバーの私たちとしては、かなり違和感が・・・。

 というわけで、ふらふら歩いて辿りついたのが、写真で見るようなおしゃれなティーサロンだったというわけ。以前にも自由が丘在住の友だちと来たことがあるけれど、この日の私たちは全身パタゴニアといういでたちで、お店の雰囲気に似つかわしいとはお世辞にも言えない。それでも、美人のウェイトレスのお譲さんはきわめて感じよく応対してくれた。

 15分くらいあった待ち時間に撮ったのがこの写真。あんまりバラが綺麗なので、私たちだけでなく、かなりたくさんの人たちがシャッターを切っていた。

英国2
英国3

 紅茶好きの夫はニルギリと人気No.1というイングリッシュケーキ、私は昨日見たヴィクトリア女王の映画に影響されてクイーンヴィクトリアと期間限定・イングリッシュローズケーキをオーダーした。コーヒー党の私だが、たまによいお紅茶をいただくと気分が本当にリフレッシュする。「紅茶って、こんなにおいしかったんだ~」っと紅茶党に転向しようかと思うくらいだった。ピンクと白で彩られた美しいケーキは、ほんのり酸味のあるサワークリームが程よい加減で、本当に美味で、二人とも大満足。
 
 お値段はホテル並みに立派だけれど、ポットで出されるお茶をゆったり頂きつつ、2時間歓談できるなら、十分価値はあるんじゃないだろうか。

 ところで、バラといえば、田園調布のロータリーのバラも綺麗。これは先週の日曜日に撮影したもの。お天気は曇りだったが、やはりたくさんの人たちが美しさに感激して撮影していた。田園調布の高級住宅街を歩くと、見事なバラを育てている邸宅をちらほら見かける(決して田園調布在住ではありません。念のため)。

田園1

田園4

 かつて自由が丘は筍で有名だったというし、田園調布もたぬきが走っていたと祖父が言っていたっけ。たしかに、麻布とか六本木に比べるとけっこう都心から離れているし、公園も多くて、田園的なのんびり感が漂っている地域ではある。下記は先週撮影した宝来公園の池の風景だが、池の中では何十匹ものカメや鯉が誰にも邪魔されずにのんびり暮らしている。下町育ちの私がこんんところにいるのを見たら、浅草が好きだった祖父は「田舎者になって」と嘆くことだろう(笑)。

田園3

P.S. 帰宅途中の自由が丘のシャツ屋さんの前で「散歩する猫」に出会ってビックリ。
飼い主のおじいさんはアメショーだというが、模様のない濃いめのグレーはアメショーには見えなかったけど、その猫、車も大好きでドライブするし、ウィンドウから手もふるらしい。「うらやましい~。マリンもそうなら、一緒に旅行に行けるのに」と言ったら、夫いわく「ほら、店の前で寝てるのに、じっと起きるのを待ってるだろ。猫の飼い主はみんなああだから、散歩なんかしたら、何時間かかるかわからないよ」と。確かにねぇ~、猫って、散歩の途中で立ち止まったり、お昼寝したりして、テコでも動かなくなっちゃうんだな。やっぱり、うちの子は内弁慶でよかった、と胸をなでおろす猫バカであった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。