観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「きみはペット」の楽しみはおなじみの脇役
2012年02月08日 (水) | 編集 |
pet1

TOHOシネマズのマイレージがたまったので、暗い世相に肩のこらないラブコメを見ようと(なんか言い訳がましいが)、六本木ヒルズでチャン・グンソクくん主演の映画「きみはペット」を鑑賞。3割ほど埋まった客席に座っているのは全員女性だった。

「きみはペット」の原作は元読売新聞の記者だった小川彌生が実体験をもとに描いて大ヒットした漫画で、日本では小雪・松本潤主演でテレビドラマhttp://www.tbs.co.jp/kimipe/になっている。私はまだドラマを見ていないのだが、ドラマの方もかなりいい出来だったらしい。長身でゴージャスな小雪に小柄なマツジュンというキャスティングがよかっったのかも。

さて、韓国映画のキャスティングはというと、小雪がやっていた30過ぎのキャリアウーマン役がキム・ハヌル。韓国でもラブコメの女王と言われているヒットメーカーらしい。元モデルだけあって、ミニスカートから出る足の美しさにはほれぼれするのだが、どうもルックスが地味というか、ちょっと薄幸そうな顔立ちがひっかかる。グンソクくんはというと、身長182センチで、168センチと女性にしては長身のキム・ハヌルよりさらに高いから、サイズ的に子犬という感じはしないのだけれど、「美男ですね」のオレサマキャラと真逆の役柄にそれほど違和感を感じないのは、演技の幅広さを物語っているような。

ストーリーはアメリカ留学経験もある出版社勤めのキャリアウーマンチ・ウニが、報道部門から女性誌に左遷され、編集長や同僚には「アメリカ帰りを鼻にかけた嫌な女」として疎まれ、「君は一人で生きていける」と恋人にもふられたどん底状態で、ひょんなことから弟の先輩でダンサーのカン・イノをペットの犬「モモ」として飼う(同居する)ことになるというもの。原作の設定を新聞社から出版社に、東大卒をアメリカ留学帰りに変えている。そこに、学生時代あこがれていて、かつて関係のあったコンサルティング会社勤務の大学の先輩チャ・ウソンが同じビルに勤務することになり、付き合おうといわれて有頂天になる。しかし、好かれたいと思うあまり、ハイヒールをはいてデートに行って足を痛めたりと、緊張の連続で気が休まらない。一緒にいて楽しいのは愛犬「モモ」の方で、一泊二日の「プロポーズ旅行」に出かけたにもかかわらず、ウニは「モモにえさをやらないと」とウソンをおき去りにして家に帰ってしまう。三高(もう死語だが)でルックスのいい先輩か、ダンサーで10歳近く年下のイノか、さて主人公の決断やいかに・・・というもの。この話、イノはペットだから、愛犬モモが好きなのか、人間としてのイノが好きなのか、チノ自身も混乱してしまうところがミソである。

この映画を見ていて思い出したのは、『「尊敬」という言葉がでたら恋ではない』という友達の言葉だった。主人公は本当に先輩が好きなのだけれど、好かれたいという気持ちが強すぎて無理をしてしまう。ショーウィンドウであれが着たいと毎日眺めていたドレスがいざ手に入ってみると、ちょっとウェストがきついし、汚れるのが怖くて好きな珈琲も飲めないし、カレーも食べられないしで、あんまりハッピーじゃない。これならいつものジーンズにGAPのセーターの方がよかったということだ。だけど、そうストレートに言われてしまった先輩もけっこう傷ついてしまうのだ。それって、お見合いで「私には過ぎた人ですが・・・」と言われたのと同じだから。お決まりのパターンをたどるラブコメなのだけれど、男と同じハードワークを要求されるキャリアウーマンに必要なのは、癒してくれる男なんだよという男女逆転のパラドックスがヒットした理由なのだろう。私が思うに、人間ってどんな人でも、世界に一人くらいは甘えさせてくれる人が必要だと思うし、それがなければ生きていけない動物なのではないだろか。だけど、理不尽にふられた先輩はかなりお気の毒で、実は自分に正直に生きるって、人を傷つけながら生きるということなんだよ、という隠れたメッセージが伝わってくるような・・・。

ストーリー展開はラブコメの定番を踏襲しているので、見ておトク感があったのは、韓国の時代劇で見ていたおなじみの脇役たちが何人も出演していたこと。あこがれの先輩を演じていたのは「ファン・ジニ」でジニに執着しながら恋路の邪魔をする王族ビョッケスを演じていたリュ・テジュン。本当に目鼻立ちの整った人で、韓国ではきれいすぎる人はいつも悪役に回されてしまうのだけれど、今回は完璧なエリートながら性格も「いい人」を演じていて、コミカルないい味を出していた。

tejun2

それから、編集部のちょっと意地悪な後輩を演じているのは「トンイ」で監察府(カムチャルブ)の尚宮チョンイムを演じたチョン・ユミ。「韓国のアメリ」と言われているらしい。確かに髪型を変えるとそんな感じ。くせのない爽やかな容貌の人だけど、悪役も似合うのは新鮮だった。

chon

そして、厳しくも人間味のある編集長を演じているのは、「善徳女王」で主人公トンマンの命を狙うミシルの護衛兵チルスクを演じたアン・ギルガン。
ギルガン
いかにも悪役っぽい面構えなのだが、どこか人間味が感じられて、私は大好き。実は一番感動したのは、ギルガン様が現代ものを演じる姿を見られたことかも。

世紀の大傑作ではないけれど、「きみはペット」はビジュアル的にもなかなかセンスのよいラブコメでありました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。