観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大阪のホテルと麻布のバーで旅気分
2011年10月20日 (木) | 編集 |
有難いことに、このところ忙しくて更新ができない。
それに更新しているのが関係者のバレたら、「そんな暇があったら、仕事してくれ!」と怒りを買うこと請け合いだ。

だが、ようやく開設したブログが繁忙期でダメになるのは余りに哀しい。
そこで、取材のため1泊したホテルと翌日にやはり仕事で使用した麻布のバーを写真メインでご紹介しよう。

大阪にはわりとよく行くのだが、いつも淀屋橋あたりの仕事が多く、そのときは温泉のあるアパホテルに泊まっている。ところが、今回の仕事は京橋・大阪城公園近くだったので、初めてホテルモントレ ラ・スール大阪に泊まった。
温泉好きの私は、ここでも天然温泉に魅かれてしまったのだ。

余談だが、大阪城公園は名前の通り、再現した大阪城の天守閣や大手門、千貫櫓、火硝蔵など13棟の重要文化財がある広大な公園らしい。大阪城公園駅はその最寄り駅なのだが、残念ながら見学している時間的余裕はない。ただ、いまドラマ「江」で宮沢りえが淀君を演じているので、「あそこにいたんだなあ」と感慨深いものがあった。

モントレは銀座にもあるのだが、大阪は規模が桁違いに大きく、部屋へたどりつくまでかなり歩くので驚いた。
外観も館内もコンセプトは銀座と同じで、パリにある小粋なホテルといった雰囲気なのだが、大阪ビジネスパークの中にあるので、ビジネスで利用する人が多いようだ。

monto5

お客さまが少ない時期なのか、ツインにグレードアップしてくれたので、部屋はもったいないほど広々。
18階の窓から見える眺望もよく、5時半に起きたら日の出が見えた。

montore1

バスルームの壁も赤で女性好み。自分の家もこんな風にしたいなと思ったり・・・。

furo2

建物が大きいのでエレベーターは6台くらいあるのだが、アールヌーボー調というのだろうか、
どれも中のデザインが違っていて楽しかった。

ele2

ele1

翌朝の朝食のビュッフェも大阪名物のたこやきやモントレ特性カレーなどバラエティ豊富で大満足。
特に私好みのやや酸味の強いコーヒーが気に入った。

次はプライベートで温泉・エステ三昧に大阪城公園に食い倒れか・・・と妄想がふくらんでいるところへ、
愛猫マリンが激怒していると夫からのメールが(汗。
「ばかいってんじゃニャイワヨ、うぎゃー」という鳴き声が耳元で聴こえたような・・・。

午前中で大阪での取材を引き上げて、タクシーで新大阪へ向かい、新幹線で一路東京へ。
いつも時間の余裕がないので、結局、何度訪れても大阪の観光はできないままだ。
とはいえ、素敵なホテルで温泉にまで入れて、かなりリフレッシュしたことは確か。

夕方からの取材は雰囲気を出すために麻布十番のバーで行われた。
アルコールがダメな私はバーや居酒屋に足を踏み入れることは滅多にないので、貴重な体験だ。

しかも、取材&撮影にお借りしたお店は『キル・ビルVol.1』『不夜城』『スワロウテイル』『THE 有頂天ホテル』『悪人』等々を
手掛けた世界的に有名な映画美術監督、種田洋平氏が内装を手がけた店だから、一見の価値がある。
「食べログ」にも書かれていたが、壁がレンガ調で都会的かつ温かみがあり、とても居心地のいい空間だった。

一緒に仕事をやっているディレクターは、事務所が麻布十番にあり、なんと毎日通っているそうだ。
カクテルはもちろん、ビールやワインもあるし、食事の方もサラダやピザ、パスタなどメニューが豊富。
カレーがおいしいので、カレーだけのために来るお客様もいるそうだ。

インタビュー終了後、柿とオレンジの「ノンアルコール・カクテル」を作ってもらい、
ほんの束の間、仕事がえりにふらりとバーに立ち寄るキャリアウーマン気分を味わった私だった。

bar2

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。