観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 宝塚星組 ロミオとジュリエット東京公演初日
2013年07月27日 (土) | 編集 |
ロミジュリ

待ちに待った宝塚星組公演、ロミオとジュリエットの初日に行って参りました。
今日のチケットはA席でしたが、完売の状況を考えれば、確保してくださった紅会に感謝です。

配役は下記の通り、紅さんがティボルト役のAバージョンでした。

ロミオ・・・・・・・・・柚希礼音
ジュリエット ・・・・・ 夢咲ねね
ティボルト・・・・・・・紅ゆずる
モンタギュー卿 ・・・・ 美稀千種
モンタギュー夫人 ・・・ 花愛瑞穂
ベンヴォーリオ・・・・・礼 真琴
マーキューシオ ・・・・ 壱城あずさ
キャピュレット卿・・・・一樹千尋
キャピュレット夫人・・・音花ゆり
乳母 ・・・・・・・・・ 美城れん
パリス ・・・・・・・・ 天寿光希
ロレンス神父 ・・・・・ 英真なおき
ヴェローナ大公・・・・・十輝いりす
死・・・・・・・・・・・真風涼帆
愛・・・・・・・・・・・鶴美舞夕

まず、全体として驚いたのが、星組全体の歌が格段に上手くなっていたこと! 
特に声量が大幅にアップした生徒さんが多かったように思います。

3年前のDVDを見ているのですが、その時のティボルトは凰稀かなめさん、マーキューシオが紅ゆずるさん、ベンヴォーリオが退団された涼紫央さんでした。

その前に赤坂ACTシアターでロミオとジュリエットを見ていて、芸大出身の上原理生さんの安定感抜群のティボルトを聴いて、彼のファンになったほど感心したんですね。ところが、凰稀さんのティボルトを見て、「あれ、ティボルトって、こんなに難しい歌ばかりだったんだ」と思ってしまったんですよ。

同じく、赤坂では良知真次さんがマーキューシオの歌を楽しげに軽々歌っていたので、さゆみさん(紅)のマキューシオはセリフをメロディに載せてるみたいな印象でした。

というわけで、ちえさん(柚希)とまこちゃん(礼真琴)は別枠として、星組でロミオとジュリエットをまたやらなくてもと思っていたのですが、一人一人が舞台人として着実に成長しているんだなーっと胸が熱くなりました。

ファンの誰もが同じ感想を持ったのか、あるいは台湾公演の熱気に刺激を受けたのか、最後はスタンディングオーベーション。あまりに拍手が続くので、3度も緞帳が開いたほどです。柚希さんも何を言ったらいいのかわからない様子でした。長年ヅカを見ていますが、東京宝塚劇場でそんな光景を見たのは初めてです。

役別に感想を述べていくと:

ロミオ(柚希礼音)とジュリエット(夢咲ねね)
 新聞評にもありましたが、初演のときより若かったです! ねねちゃんはセリフの語尾の甘ったるさが気になることがあるのですが、クセも矯正されていて、歌も上達していました。3年前はロミオよりティボルトやベンヴォーリオの方がインパクトがあっていい役に思えたのですが、今回は自然と目が2人が追ってしまいました。フィナーレになるとぐっと大人っぽくて、それもまた素敵だったし、名コンビの魅力がますます増したように思いました。

ティボルト(紅ゆずる)
 怒りに燃えて切れそうなティボルトでしたが、歌は音程が安定してて、難しく聴こえませんでした! マキューシオはガキでしたが、ティボルトは狂気を孕んではいても大人なんですよね。ですから、意外にも初めから最後まで、ドキドキせずに見ていられました。
 ただ、さゆみさんの真骨頂は幕が一度降りてから、自毛で黒とシルバーの衣装を身につけて銀橋で歌うところだと思います。大劇場のときと髪型を変えたようで、ピンピンはねているような独特のヘアスタイルで色はブラウン。それがすごく似合っていて、その美しいこと!! その姿を一目見るだけでも、この公演に足を運ぶ価値ありです。
 逆に言うと、あのラーメンヘアーは、やっぱり本来の美しさを損なっていたと言えなくもない。だったら、美しさを堪能したい私としては、Bのベンヴォーリオの方が楽しめるのかもしれません。

ベンヴォーリオ(礼 真琴)
 髪の色は涼さんを踏襲してプラチナブロンドですが、まこちゃんのベンヴォーリオは1つ違いの弟といった感じでした。そもそも、セリフに「いつもロミオの後をついてまわる」とあるわけですから、本来は兄貴より「弟的な親友」の方が原作者の意図にかなっているかもしれません。10年も学年が下なのに、ちゃんと親友に見えるのは、ちえさん(柚希)の演技力でしょうか。
 まこちゃんは歌も演技も踊りもすごく上手なので、あとはスターのオーラみたいなものが出てくれば無敵な方でございます。星組の歌はこの方の存在で底上げされていると思います。天才子役が順調に育ったパターンですかね。

マーキューシオ(壱城あずさ)
 髪型も演技もワイルドで力強いマキューシオでした。何よりビックリしたのは、声量があったこと。お正月のショーで歌っていたラッキースターは「声量があればねぇ」という感じだったので、格段の進歩だと思いまそう。トイレ待ちの列にいたおばさまたちも「しーらん、大劇場のときは出てなかったのに、声が出てるのよ」という会話を交わしていました。

死(真風涼帆)
 上背があるし、お顔的にも死神がぴったりな真風さん。ダンスの迫力は素晴らしく、他の誰がやってもこの人ほど死が似合う人はいないでしょう。初演のとき、ダンスだけでこんなに物語ることができるんだと感動したのですが、表現力がグレードアップされていました。

乳母(美城れん)
 「南太平洋」で上手い人だなと思いましたが、その時は男役。姿も歌も女役で自然なのに驚きました。声がよくて歌もよかった! 退団されたら、舞台女優として活躍されるかもしれません。

ヴェローナ大公(十輝いりす)
 初演の水輝涼さんがすごく歌の上手い方だったので、若干不安がありましたが、長身で姿美しく、押し出しよく、風格のあるヴェローナ大公でした。この役は若すぎない方がいいですね。なんといっても、マーキューシオの叔父さんですから。

パリス(天寿光希)
 容姿が綺麗なので、変な人というより、能天気だけど憎めない伯爵といった感じです。充分素敵なので、親が言うように、この人でもいいんじゃないかと思えます。

愛(鶴美舞夕)
 鶴美さんには舞踏会でバトンを披露して欲しかったのですが、踊りも上手なんだー、お顔も柔和で可愛いなと新しい発見でした。トップでない限り、生徒さんがソロで踊るのを延々と見る機会ってほとんどないですから。ただ、この役はまこちゃん(真琴)があまりに素晴らしくて、そのイメージが今でも目に焼きついているので、後から演じる人は不利ですね。

キャピュレット夫人(音花ゆり)
 赤坂では涼風真世が演じていて、すごく色っぽい役でした。歌もめちゃくちゃ上手かったので、それと比較すると初演は物足りなかったのですが、かなりよくなってました。歌も声が前に出ていたように思えます。

モンタギュー夫人(花愛瑞穂)
 この公演で退団予定の花愛さん。歌い方がとても自然でよかったです。赤坂では大鳥れいさんが演じていましたが、花愛さんの方が若いのにちゃんとお母さんに見えるんですよね。いい娘役さんなのに、これで見納めかと思うと残念です。
















スポンサーサイト

 夫からの誕生日プレゼント
2013年07月24日 (水) | 編集 |
flower.jpg

 今年の誕生日、夫からのプレゼントはこのお花でした。赤いバラじゃなく、私が喜ぶ金運が上がりそうなイエローにしたそうです(笑)。さっそく、出窓に飾りました。 

 これだけ見ると、「なんてロマンチック!」とか、「素敵なご主人」とか誤解される方もあるかもしれませんが、うちのダーリンはイベントが大嫌いなんです。前もってレストランを予約して外食するとか、サプライズで自分がディナーを作って一緒に食べるとか、そんなことは付き合いはじめてこのかた、皆無でございます。

 ちなみに、以前、親友のご主人がいつも彼女の誕生日にイタリアンとケーキを作ってくれる、それも付き合っているときからというエピソードを紹介したのですが、「そういうのがいいなら、他で探してくれ」と全く動じませんでした。相当な頑固ものです。

 我が家は夫の方がかなり年下で、出会った頃はまだ20代でしたが、テレビや小説に出てくる料理上手なイマドキの青年ってことは、まったくなかったですねぇ。付き合いはじめた頃に、いい店を見つけたと連れていかれたのが新橋のいわし専門店でしたから。

 とはいえ、このトシになると、お花をくれる男性なんて、世界にたった一人ですものね。今年も夫を大切にしなければと思いつつ、また1日トシをとりました(笑)。







 さゆみさんからのバースデーカード
2013年07月23日 (火) | 編集 |
sayumi.jpg

突然ですが、明日24日は私のお誕生日でございます。

で、ついに来ました! じゃーん、さゆみさん(紅ゆずるさん)からのバースデーカードでございます!!

実は以前に蘭寿とむさんのファンクラブに入会された方のブログを見て、「あ、バースデーカード、いいな~」って思ってたんですね。で、星組のさゆみさんのファンクラブに去年10月に入会した私は、7月に入ってから、郵便受けを空けるたびになんとなくソワソワの毎日。

だけど、なかなか届かない。イイ年して馬鹿みたいと思いつつ、「お稽古大変だものねぇ」、「さゆみさん、超忙しから、ま、仕方ないわね」と心の中でブツブツつぶやいていたところ、なんと、名前入り・サイン入りのカードが前日に到着したのでした。

「26日が東京公演の初日なのに、な、なんてファン想いなんだろう。ありがとう、さゆみさん。うつ(;_;)」

初日のチケットをお願いしている私は、明日は5時起きで原稿を書いてしまおうと決意したのでした。なにしろ、26日からの1ヵ月は、日比谷通いとお仕事の両立を全うせねばなりません。

役替わりだから、今回は3回ずつ観劇予定ですが、最近、ヅカ人気は半端じゃなくて、「行けないなら、もらってあげる!」と名乗りを上げる身内や友だちが多いこと、多いこと。既に「あなた、行き過ぎよ、もらってあげる」と脅しがかかっております。

2014年1月の大劇場公演は星組の『眠らない男 ―ナポレオン・愛と栄光の涯(はて)に― 』(作・演出/小池 修一郎/作曲/ジェラール・プレスギュルヴィック)で幕を開けると発表がありました。100周年の記念すべき年の最初の作品にさゆみさんが立つんですねぇ。自分が立つわけじゃないけど、胸が熱くなります。

これはもう、ムラ(大劇場)に遠征しかないかなァ、でも、そもそも正月公演のチケットとれるのかしら・・・嬉しい悩みを抱えつつ、また1つ年をとりました(笑)。

 神代ブレスとタイの石
2013年07月01日 (月) | 編集 |
kamiyo1.jpg

 パワーストーンに興味はなかったのですが、神代ブレスというオーダーメイドのブレスレットを注文し、半月くらい前に届きました。4月後半、公私ともにバタバタしていた疲れがでて、私には珍しく、毎日イライラして、人にも自分にも怒り爆発という時期があったんです。そのとき、たまたまネットで巡りあったのが、この神代ブレスでした。

 実はこれ、手首にぴったりで、届いたものを見たときは「あれ、小さすぎない!」って思いました。手首のサイズをぴったり計るように指示されるのですが、それに余裕をもたせるのかなと思っていたら、本当にぴったり。ブレスレットというより、小ぶりのお数珠が手首に巻きついている感じです。

 なぜいま神代ブレスの話をしているかといいますと、昨日、図書館の帰りにふらりと立ち寄ったブティックのオーナーから、「いい色ですね。そういうブレスレット、珍しくないですか?」と話しかけられたのです。それで、神代ブレスについて次のような説明をすることになりました。

 神代ブレスというのは、香川県の金毘羅さんの近くで豊原念珠堂という御数珠屋を長年営んでいた豊原未絵さんがつくっているもので、豊原未絵の指導霊である能田神代(のうだかみよ)さんという鎌倉時代の巫女さんの名前に由来しているそうです。石はその指導霊にコンタクトをとって、依頼者の波動に合うものを選んでくれます。お数珠屋さんがつくっているので、豊原さんは「念珠」と呼んでいて、お数珠がブレスレットになったと解釈した方がいいのかもしれません。

 私のために選ばれた石は、箱にも書いてあるように、 シーブルーカルセドニーとシトリンとオレンジムーンストーンの3種類。その意味と効能はこんな感じです。

シーブルーカルセドニー
 精神と肉体の調和をはかる石です。進歩的な思考を促し、コミュニケーション力を高めてくれます。愛情をはぐくみ、優しい気持ちで人と接することができるようになります。集団によいエネルギーを与え、クリエイティブな目標をもつグループに、目標を達成するよう導いてくれます。言語能力を向上させ、コミュニケーション能力を高めてくれるともいわれています。

シトリン 
 古くから『商売の繁盛』と『富』をもたらす『幸運の石』として大切にされてきた石です。商売運や財運をアップさせてくれるので、これから新しく事業を始めようとする人や会社をもっと拡大したいと願う人に心強いサポートをしてくれます。途中で困難や壁が生じたとしても、それを克服する勇気や知恵を与えてくれるといわれています。

オレンジムーンストーン 受容することを得意とし、プロセスにはこだわらず、願いは流れに任せておけば自然と叶う事を熟知しています。この石にとっての行動とは、委ね任せる事なので、常にたおやかで腰を落ち着かせています。感受性豊かでありながらも焦りや不安、迷いといったことからは遥か遠いところに位置しています。

 豊原さんによると、念珠は常に左手にはめ、特に夜は宇宙と意識がつながるので、眠っている時は左手につけていると願いが叶いやすくなるそうです。

 注文者が多いため、2~3ヵ月待たされるので、手元に届いた頃にはすっかりイライラは収まっていたのですが、解説を読むと、職業とか問題とかは全く伝えていないのに、「確かに私に必要な石かも」とかなり納得しました。ちなみに、ブレスレットには豊原さんからのこんなメッセージが添えられていました。

 家庭や人の集まる中で、リーダーシップをとれる和魂です。そして、コツコツと努力する能力をお持ちです。
 目標を達成する為にサポートしてくれる石を持ち、心身のバランスを整えることによって、あなたの天命をはっきりと全うしていくことができるでしょう。 愛と感謝をこめて 豊原未絵

 面白いことに、これを販売している会社のホームページに「みんなの神代ブレス写真館」というのがあって、他の人のブレスレットを見ることができるのですが、石が違うと全く印象が違うんですよ。なかには4本も頼んでいる人もいて、その時期、その時期で必要な石が違うんだなということがわかります。

 神代ブレスとほぼ同時期に、タイの石でつくったブレスレットに、ある鑑定師の方がタイの古い寺院の下から掘り出された2000年前だかの石の波動を移して下さるという出来事がありました。別に私がお願いしたわけではないので不思議です。このブレスレットは「チャクリー」という名前がついていて、人の心を開いて、コミュニケーションを円滑にしてくれるとか。写真にとると、こんな感じです。

cyakuri.jpg

 チャクリーはタイの王朝の名前でもあるんですね。こちらは石も大きいし、手につけてもかなり余裕があります。

 2つのブレスレットをはめて取材依頼をするようになってから、“心なしか”断わられることが少なくなったような・・・。気の持ちようって大事ですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。