観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 宝塚花組「戦国BASARA」
2013年06月30日 (日) | 編集 |
basara.jpg

 先週の金曜日、花組の「戦国BASARA --真田幸村編--」に行ってきました。初オーブでございます。

 ちなみに。BASARAの意味をウィキで調べると、サンスクリット語で「vajra = 金剛石(ダイヤモンド)」を意味するそうです。「日本の中世、南北朝時代の流行語で身分秩序を無視して公家や天皇といった時の権威を軽んじて反撥し、奢侈な振る舞いや粋で華美な服装を好む美意識」とあります。アルファベットにすると、粋ですね。

 ご一緒したのは明日海りおファンのTさん(アラサー美人)と親友のAちゃん。明日千秋楽というときに書いていたのでは全くブログの意味がないのですが(笑)、“花っていいじゃない!”と思った好きな舞台だったので、備忘録として振り返ってみたいと思います。

 この舞台、S席がとれなくてA席だったのですが、オーブは段差があるので舞台はよく見えました。それで、見下ろしてまず目に付いたのが「オケがない」こと。四半世紀も見てきて、オケなしのヅカの舞台は初めてです。

 Tさん曰く、「宝塚劇場でできることが出来ず、できないことが出来るのが『戦国BASARA』の面白いところ」だそうな。それを現代的な星や宙じゃなく、伝統を大切にしてきた花でやるところが面白いですね。

 スクリーン映像が多用されている演出は「出来ること」の一つでしょう。冒頭、ゲームにないキャラクターで、蘭乃はな演じるいのりが真田幸村に救われるシーンがあるのですが、馬に乗ってくる幸村は映像で表現されます。

 その後も明日海りお演じる上杉謙信と忍びのかすが(桜咲彩花)が愛を歌い上げるシーンでベルサイユのバラみたいなピンクの薔薇の映像がどーんと出てきたりします(観客席から笑いが起こる)。

 既に一度見ているAちゃんから「時代劇だと思ってみちゃ駄目!」と念を押されていたのですが、舞台が進行するにつれ、その意味がわかってきます。

 そもそも、ストーリーは史実とかなり違います。真田幸村(蘭寿とむ)、上杉謙信(明日海りお)、武田信玄(花形ひかる)、猿飛佐助(望海風斗)、伊達政宗(春風弥里)、山本勘助(高翔みず希)と時代劇でおなじみの人物が登場するのですが、なぜか武田信玄の後継者は真田幸村になっています。妻女山で勘助が謙信に手を読まれて武田が敗れるエピソードはちゃんと出てくるんですけどね。

 伊達政宗は“Ijust wait”とか、英語まじりのセリフを話すし、刀を6本使って幸村と対決するシーンがあって、ここも「有り得ない」って感じて笑いが巻き起こります。

 上杉謙信はかなりフェミニンでエキセントリックなキャラでしたね。でも、明日海さんにはよく似合って美しかったし、やはり歌が上手い! 余談ですが、夫がテレビで宣伝映像を見て、「AV女優みたいだな。あ、でも、歌が上手い!!」と叫んでましたっけ。

 真田幸村の言葉遣いはがヘンです。「それがし、○○でござる」っていうのが決まり文句で、これはゲームがそうなんでしょうね。へんといえば、衣装も奇抜で着物丈が短く、BASARAの精神を象徴するとこうなります、みたいな感じでした。

 花組って、宝塚の中では今どき珍しい「大人の男」が演じられる組だと思うんです。それは素敵なことですが、普通の演目をやると、地味とか暗いという誤解を与えてしまって、「復活」の入りが悪かったのはそのせいじゃなかと思うのです。ところが、「戦国BASARA」はそんなイメージを吹き飛ばすほど、明るくてユーモラスでした。衣装も原色に違い色が多くて、華やかでしたし。

 特筆すべきは、花に移籍した明日海りおさんが伸び伸び遠慮なく演じていたこと。

 花は男役の層が篤くて、歌も演技も上手い人が多んですね。トップの蘭寿さんと華形さんはかなり上級生で、重厚感すら漂う演技だし、私の花のお気に入りは春風弥里さんと望海風斗さんとですが、望海さんは同期で春風さんは1期上。2人とも口跡はいいし、歌は上手いし、安定感抜群です。

 今回、望海さんの美しいお顔が猿のお面で隠れていたのが“もったいない”と思ったのですが、雇い主の真田幸村にズケズケ進言する佐助は出番も多くて儲け役。同期の明日海さんが2番手で入ったと言っても、望海さんの存在感は強烈でした。

 月組時代は準トップという微妙な立場でやたらと役替わりが多く、お茶会でも「セリフを覚えるのが精一杯」と語っていたみりおさんですが、2番手とはいえ、自分が頑張って引っ張らなくちゃという環境ではありません。月組っ子の明日海さんの移籍はご本人にもショックだったと思いますが、結果としてはよい方へ出たように思います。

 最後に娘役について。今回、いのりというキャラクターを作るということで、それが上手くはまらないのではないかと危惧していたのですが、どうしてどうして、蘭乃はなさんにぴったりで、今まで見た役の中で一番のびのびと演じていました。オーシャンズのテスもよかったですけど、この人は1作ごとに成長しています。黄金色のミニスカートみたいな衣装がとっても可愛かった。
 
 それから、かすが役の桜咲彩花さん。猿飛佐助の幼馴染で、佐助はかすがが好きなのに、かすがは一途に上杉謙信を慕い、忍びとして活躍するという男勝りの役。これがとももよくて、こんなにいい娘役がいたのかとびっくりしました。

 オーシャンズ11で大のお気に入りになった大河凛さんの歌がないのは残念でしたが、花組は見れば見るほどよさがわかってくる「スルメのような組」ですね。「戦国BASARA」で花組の魅力を再認識させてくれました。
スポンサーサイト

 カーブスで実感した30分の重み
2013年06月18日 (火) | 編集 |
 5月後半にカーブスに入会しました。

 カーブスというのは、中高年の女性にターゲットを絞ったフィットネスクラブです。その特徴は、30分で12のマシンと有酸素運動ができる台(ただの足踏み台ですが)を2週して、12種類のストレッチができること。

 平日は19時半、土曜日は13時までで、日曜祝日はお休みですから、メインターゲットは主婦であることは間違いありません。ちなみに、中央区に住んでいる親友に話したら、その場ですぐに検索して、「中央区にも港区にも千代田区にもない!」って驚いていましたっけ。中高年の女性たたくさん住んでいる地域をマーケティングして出店しているのでしょう。

 カーブスが優れているのは、1台の筋トレマシンを使う時間がたった30秒なので、どんなに体力がなくても、年をとっていても、筋トレができることです。それに、少なくとも数人は同時にサーキットに入っているし、リズミカルな音楽にのって「ハイ、次のマシン」と指示が出るので、黙々と筋トレという孤独感とは無縁です。アメリカ初の実によく練られたプログラムです。

 もう一つ感心するのが、トレーナーの20代から30代の女性たちが、会員全員の名前をファーストネームで覚えていること。「まき子さん、こんにちは~」とか、「みち子さん、今日は体調、どうですか?」という具合に、実に明るく優しく声をかけ、トレーニング中もこまめに面倒を見てくれます。500人以上もいる会員全員のファーストネームを覚えるって、すごくないですか? 夫がよく私たちの世代のことを「子(こ)シスターズ」ってからかうのですが、カーブスの会員は見事に「子」がついた女性ばかり(笑)。

 私は子供の頃から運動神経ゼロなのですが、健康の3本柱は「食事・運動・精神」という信念があって、運動しなくちゃという気持ちは人一倍あるんです。それで、数年間前にはフィットネスクラブに入会し、一時はパーソナルトレーナーについて筋トレをしたこともあったくらい。

 クラブにはお風呂やプールもついているし、無料でヨガとかベリーダンスとか、いろいろなクラスに参加できました。せっかく1万円以上払っているのだから、行った以上はあれもやり、これもやりと欲を出すと、滞在時間が長くなりがちです。逆説的なようですが、ちょっと忙しくなると、その2時間、3時間が捻出できなくなって、パタッと行かなくなるんですよね。結局、運動時間ゼロに逆戻りです。

 繁忙期になると、パソコンの前に座る時間が長すぎて、足は象のようにむくんでパンパン。ブーツもはけなくなってしまいます。ひどいときは、平地でただ歩いているだけなのに、転んでしまうような有様です。

 で、遂にカッコつけるのをやめ、「私がおばさんじゃなかったら、誰がおばさんなんだ。おばさん向けのカーブスで、せめて無から有に転じよう!」と決意したわけです。

 カーブスに通いだしてまだ数回ですが、そこで実感したのは、30分という時間の長さです。1周回るともう汗がじっとり出てきます。久ぶりに運動したせいか、2周で24分はけっこうこたえます。30分でこんなにたくさん、いろんなことが出来るだ!って、まさに目から鱗でした。

 作家の北方謙三さんが「200枚の締切りを前にして、それが3桁になるなんて想像できない」とおっしゃっていましたが、凡人の私はこれまでの人生、いつも「2000枚の小説を書くことを妄想しつつ、20~30枚で挫折」みたいなことを繰り返してきたように思います。

 小説に例えれば、カーブスは、「週に3回、2枚は書く」みたいな感じでしょうか。それでも、1年経てば312枚。本1冊分なんですよね。運動だけじゃなく、本業も倦まず弛まずいきたいものです。

 晴天のジューンブライド
2013年06月03日 (月) | 編集 |
 今日(正確には昨日)はライターの後輩Yさんの結婚式にお招きいただきました。天気予報では雨で寒いと聞いていたので、「せっかくなのに残念!」と思っていたら、雲一つない青空が広がって、幸せいっぱいのジューンブライトです。

  お式は彼女が幼少の頃から通っていた杉並区のカトリック教会でした。緑の多い閑静な住宅街の中にある立派な教会で、ステンドグラスがとても綺麗でした。2階のパイプオルゴンの荘厳な響き、独唱の「愛の賛歌」(ピアフのじゃなく、聖書のです)の言葉も一つひとつ胸に響いて、とてもよいお式だったと思います

y1
y2

 もう同級生や周囲の友だちに結婚しなさそうだし、姪や甥が結婚するのは早くて数年先だろうから、当分、結婚式に出ることはないと思っていたので、連絡をもらったときはビックリするやら、嬉しいやら。しかも、新居はうちの最寄駅から5分のところというので、なおさらです。

 式の後は教会の前でフラワーシャワーやシャンパンでの乾杯など、ガーデンパーティのような時間もあって、ホームチャーチならではの温かい雰囲気にほっこりし、留学時代、ハーバード大学で結婚した知人の結婚式に出席したことを思い出してしまいました。 

y3
y4
 
 Yさんは社会人入学で博士課程に通う可愛さと知性を併せもった素敵な女性ですが、なぜか40代の声をきくまでご縁に恵まれませんでした。それが、お友達の紹介で5歳年上のご主人と出会い、1年お付き合いして、ゴールインの運びとなったそうです。

 披露宴で語られたなれそめの話によると、第一印象は「う~ん」という感じだったそうですが(笑)、自分の愚痴やクレームに実に根気よく耳を傾けてくれて、意見の衝突とか問題があったときに、新郎が予想もしないような+αをつけたリアクションを返してくれるので、「この人、すごいかも」とその人間性と包容力に惹かれていったそうです。

 司会(お隣に住んでいる78歳のダンディな方で、とびっきりステキでした!)の方が、「それはなれそめではなく、おのろけですね」とコメントしたら、Yさんが豪快かつすごく嬉しそうに笑っていたのが印象的でした。様のイキな図らいで、最適なときにライトパーソンと巡りあったわけですね。

 新婦がオペラ椿姫から「乾杯の歌」を披露したと思ったら、新郎はお庭でテコンドー(3段らしい)の演武を見せてくれて、ブルース・リーみたいにヌンチャクも振ってました。結婚式で演武を見たのは初めてですが、やはり、気持ちだけでなく、実際に「強い」男性は頼りがいがあっていいですね。

 友人の結婚式には20回以上でていますが、20代前半の結婚と40代では、結婚の意味合いとか、安定感がまるで違うように思います。40代になると新郎はもう社会で管理職ですし、新婦もキャリアをしっかりつんでます。もう、親なしでやっていける2人が、それでも2人で暮らしていこうと決めたわけで、地に足がついていて、安心して見ていられます。

 およばれされたお友達のコメントやご両親・ご親戚の方たちの様子を見ていても、お2人が大勢の人たちから愛され、またそれに価する人たちであることがよくわかり、とてもよい結婚式でした。私も幸せのお裾分けをしてもらい、ハッピーな気持ちで家路につくことができました。

 お二人とも、本当におめでとうございます。末永くお幸せにね!!

(余談)

 教会で独唱のあった「愛の賛歌」は、参列者が唱和することはあっても、歌になったのを聴いたのは初めてだったのですが、これがとてもよくて感動してしまいました。アメリカにいた頃は毎週熱心に教会に通い、聖書の勉強会にまで出ていたのに、すっかり教会生活から遠ざかっていますが、改めて聖書の言葉を目にすると、改めて「人が実践できないムリなことを要求することで」自分が何者かわからせる力強さがあるなあ、と感心しました。
 信仰があっても、愛がなければ意味がないと言ってるんですから、かなりラディカルですよね。エセ信者より、真心のある隣のおじさんの方がいいよってわけですから。なので、自分のために、最後に愛の賛歌をかきつけておこうと思います。

          たとえ人と天使のことばを話しても、
            愛がなければ鳴るどらのよう。
       また、預言する力を持ち、すべての知識に通じていても、
    山を移すほどの深い信仰を持っていても愛がなければ無にひとしい。
    また、持っているものすべてを施し、体を焼かれるために渡しても、
            愛がなければ、むなしい。
      愛は 心ひろく、なさけあつく、愛は ねたまず、高ぶらない。
      礼にそむかず、利をもとめず、いきどおらず、恨みをいだかず、
        不正をよろこばず、真実をよろこび、すべてを包み、
        すべてを信じ、すべてを希望し、すべてを耐え忍ぶ。
            愛は いつまでも 絶えることがない。
          誇ろうとして我が身を死に引き渡そうとも、
          愛がなければ、わたしに何の益もない。
            愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。
       愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、
        苛立たず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
          すべてを許し、すべてを信じ、すべてを希望し、
                 すべてを耐え忍ぶ。
            愛はいつまでも絶えることが無い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。