観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 紅ゆずるさんお茶会 at ホテルニューオータニ
2013年01月27日 (日) | 編集 |
昨日、紅ゆずるさん(さゆみさん)のお茶会に行ってきました。
生まれて初めてのお茶会です。会場はホテルニューオータニの芙蓉の間。シアター形式なら1400人も入る宴会場なので、お茶会といっても椅子が並んでいるだけかなと思っていたら、ぎっしり丸テーブルが並んでいました。アイスティーとケーキも既にテーブルの上に。

驚いたのはオペラグラスを持った参加者がたくさんいたことです。私の席はセンターの後だったので、さゆみさんのステージからそれほど距離はなかったのですが、端の方に割り振られた方たちは、確かにオペラグラスが必要なくらいの距離だったでしょう。クロークにコートを預ける時に、「700人いらっしゃいますから、出すのに15分はかかりますがいいですか?」と念を押されたので、出席者は700人近くいたようです。

一緒に行く予定だった親友はお嬢さんの受験で都合がつかず、一人参加で心細かったのですが、ファンクラブの方でちゃんと配慮して下さって、同じテーブルは初参加の人ばかりで、年代もほぼ同じ。昔安奈淳さんのファンだったという方がお隣で、「私もです~」と意気投合で楽しくお話できました。

前置きが長くなりましたが、ほぼ20時にスタートしたお茶会のプログラムはこんな感じです。

 さゆみさん入場
 乾杯 ご挨拶
 トークコーナー
 握手タイム
 抽選会
 さゆみさんへのプレゼント
 さゆみさんのご挨拶
 さゆみさん退場


以下は、残念ながら参加できなかった方たちと自分の備忘録のために書くので、少々長いですが、お付き合い下さい。

2回公演を終えて、さゆみさんが到着したのが20時位。スポットライトを浴び、会場から割れんばかりの拍手を浴びて、会場正面にしつらえたステージにあがります。さゆみさんはベージュのパンツスーツにフリルのついた白いブラウスという出で立ち。ジャケットの裾はフリルがついたようなデザインで華やかさもあって素敵でした。

最初のトークコーナーでは今月の舞台について司会者からの質問に答えていましたが、とにかく3本立てはすごく大変で、いまだに慣れないとのこと。「宝塚ジャポニズム」と「めぐり会いは再び2nd」との間に休憩が10分しかなく、白塗りのお化粧を完全に落とす時間がないそうです。蜷川幸雄さんなら休憩を25分にして4時間上演しそうな演目ですが、宝塚は上演時間厳守ですから、そのしわ寄せは生徒さんに出てしまうんですね。

お化粧といえば、和物のお化粧は歌舞伎の七之助さんに習ったそうです。女性誌で対談されてましたね。素顔も七之助さんに似ていますが、「『秋の踊り』の時のお化粧はひどかった。今月は歌舞伎を見る人から舞台も七之助さんに似ていると言われます。あの方お綺麗じゃないですか。だから・・・(笑)」と。確かにファンだから言うわけではありませんが、スターさんの中でさゆみさんは白塗りが一番似合っていたように思います。

次の握手タイムでは、驚いたことに全員と握手して下さいました。正直、「え、こんなにいるのに、ホントにやるの?」と思いましたが、テーブルごとに後ろに立って、次から次へ。間近に見るさゆみさんは長身・スリムで足がおそろしく長く、肌がお綺麗で、スターのオーラ満開でした。選び抜かれた生徒さんの中から更に選び抜かれてスターになる人は、一般の人間とは別次元にいるのだと実感。お金を払っても見たいと思う麗しさです。

さて、今回のお茶会の最大のサプライズが何かと言えば、ゲストに元星組娘役スターの白華れみさんが登場したことです。ミッキーとミニーのぬいぐるみを抱えたベレー帽姿のれみさんが姿を現すと、会場から割れんばかりの拍手です。

白華さんは音楽学校でさゆみさんの1期後輩。予科時代、さゆみさんは憧れの本科生で熱烈なラブレターを書いて渡したこともあったそうです。学園祭の写真を販売しているが、普通は自分の世話役になっている本科生の写真しか買わないのに、れみさんはさゆみさんの写真を買っていたほど大好きだったそうです。「予科では1日28時間泣いていましたが、さゆみさんは本当に優しかった」とれみさん。

月組から星組に移って、「リラの壁の因人たち」「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」「愛と青春の旅だち」と、二人は恋人同士を何度も演じてますね。めでたく結ばれたのは「めぐり会いは再び」くらいだけど、「この二人のコンビが好きだという人は多かったんですよ」とさゆみさん。最後に「Me and My Girl」をデュエットしてくれました。れみさんの歌声を聴いていると、改めて歌・踊り・演技と三拍子揃ったいい娘役さんだったなと退団が惜しまれます。これからも舞台で活躍して欲しいですね。

プログラムには書かれていませんでしたが、この後、ファンからさゆみさんへの質問コーナーもありました。「街中でもどこでも『紅』という文字を見かけたらドキドキしてしまいます。どうしたらいいですか?」という可愛いものから、「紅さんが好きで、男の人に興味が持てません」というものまで。さゆみさんは「私もファンの時代があるから気持ちはわかるけど、それはそれ、これはこれ。(ちゃんと男の人と付き合わないと)後悔するよ」とユーモアたっぷりの回答。さゆみさんはどんな質問にも、自分がファンだったときの気持ちを忘れずに答えてくれるので、物言いがストレートなのに温かみがあるんですね。

その後、会からさゆみさんへのプレゼントが手渡され、箱が「やけに大きいな」と思ったら、プレゼントはブルーレイプレイヤーでした。最近劇団からブルーレイのDVDを渡される時があるけど、見られなかったので嬉しい。だけど、接続できるかなとおっしゃっていました。このプレゼントはさゆみさんからのリクエストだったようです。

同じテーブルで他のスターさんのファンクラブに入会されている方が「お茶会は1時間ちょっと」と伺っていたので、2回公演も終えてくるのだから、短くて当たりまえと思っていましたが、その時点で既に1時間半位経過していたように思います。さすがにもう終わりだろうと思っていたら、なんともう1曲、歌のプレゼントが。

2曲目の歌の披露は「オーシャンズ11」で初めて銀橋を渡って歌った想い出の曲」「愛した日々に偽りは無い」。1度見たはずなのに、さゆみさんの歌を聴いて、「ああ、こんなにいい曲だったのか」と感動しました。再演するなら「ロミオとジュリエット」じゃなく「オーシャンズ11」にしてくれないかなと思ったくらいです。

最後はさゆみさんから今後の予定と挨拶がありました。簡単にお礼を言うだけかと思ったら、これがまた長くて面白いんです♪ 大阪弁で上手く再現できないのが残念ですが、印象に残ったコメントとしては・・・。

・台湾に行ったとき、食べるものが本当に美味しくて、特に空芯菜の炒め物ばかり頼んで柚木さんやねねちゃんに呆れられた。
・台湾の有名な女優に自分とそっくりな女優さんがいるらしく、台湾公演でスカウトされたらどうしようと台湾での記者会見に同行した理事に話してしまった。変な奴だと思われているだろう。
・ニューオータニでお茶会ができるようになって嬉しい。10年前にこんな自分は想像できなかった。
・寒い時に入り待ち、出待ちをしてもらってありがたい。なるべく早く出るようにしている。テンションの低い時もあるが、それは照れくさいからそう見えるだけなので、誤解しないで欲しい。
・友だちに誘われて、初めてお茶会に参加された方もいるだろうから言っておくが、自分は本当はちゃんとした人間なのだ。

たっぷり2時間、サービス精神満点の本当に楽しいお茶会でした。会の最中、何度も会場内を歩くように構成されていましたし、抽選に当たった人、質問を読む人と、不公平感なくさゆみさんに接することができるプログラムになっていました。お世話役さんの配慮も行き届いています。疲れていたでしょうに、さゆみさんは終始笑顔でした。次の日も2回公演ですよ。宝塚のスターは心身ともに勁くないと務まりませんね。立派です。

このお茶会、1か月も前から何を着ていこうか、何を持っていくべきかなど、「自分の中で」大騒ぎをしていました。‘握手をするとき、手紙やプレゼントを渡すのが普通’といったコメントがあり、パソコンで打った文面を便箋に書き移したのですが、職業がら構成が気に入らなくて書き直したりして、‘こんなことやってる時間があったら、仕事して下さいよ!’という編集者が見ていたら激怒すること請け合いです。でも、いい年だし、一応大人の責任を背負っている今だからこそ、高校生と同レベルでウキウキするイベントがあると、リフレッシュする気がします。お隣の方も介護に明け暮れる日々だそうで、いい息抜きになったと喜んでいらっしゃいました。

服装についていえば、普段着のようなカジュアルな人から着物姿まで千差万別。注目を浴びているのはさゆみさんだけですから。私は奮発して買った黒のワンピースにしました。貧乏根性ですが、仕事にも使えそうな黒にしたんです。開演ギリギリに駆け込んだのですが、ちょうど高円宮憲仁親王妃久子様が廊下をお通りになるところに出くわしました。一流ホテルですから、常識の範囲内できちんとということでしょうか。

握手するとき手紙とプレゼントは常識というような書き込みもありましたが、冒頭に書いた通り、受付に渡すので、なくても差し支えありませんでした。とはいっても、プレゼントはともかく、スターさんも疲れたときや苦しいときに、ファンが書いた直筆の手紙には励まされるんじゃないかな、と思うんですよね。私のように無名のライターでも、自分の記事を読んだという人に会うと、すごく嬉しいですから。というわけで、自分の手紙もいつかきっと読んでくれるに違いないという幸せな妄想に浸りつつ、家路についた私でした。

お世話役のみなさま、お茶会の企画・運営、本当にご苦労さまでした 謝謝\(^o^)/




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。