観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 結婚10周年のイブディナーは愛猫と
2012年12月25日 (火) | 編集 |
ibu1.jpg

 私たち夫婦と愛猫&猫妻マリンの結婚記念日は12月24日のクリスマス・イブである。結婚式は22日だったけれど、記念日を忘れないように届けは24日に出した。早いもので今年は結婚10周年。毎年イブと記念日のディナーはマリンを「マッチ売りの猫」にしないために、私が料理して家でお祝いすることにしている。特に今年は10年目の記念すべき年なので、マリンも参加できるようにメニューにお刺身も加えることにした。 
 というわけで、写真がデザートを除く今年のディナーである。メニューは次のとおり。

 ・鳥の丸焼きに野菜添え
 ・タイの白いスープ(Kanokuwan?)
 ・サーマン、ホタテ、ハマチ、マグロの刺身
 ・シーザーサラダとサウザンアイランドドレッシング
 ・PAULのフランスパン
 ・シャンパン風ジュース

 記念の年なので、鳥は千葉から水郷鳥を取り寄せ、新機軸として昨年タイに行ったとき購入したKanokuwanというペーストを使って、夫がタイ料理で一番好きというココナッツミルクを使ったエビ入りの白いスープを作ってみた。作り方はとっても簡単で、写真のペーストとココナッツミルクを温め、エビや鶏肉、マッシュルームや好きな野菜などを入れて煮るだけ。料理というほど胸を張るものではないが、お店の味に近いなかなかの美味であった。水郷鳥もなかなかいいお値段だったけど、しっとりした味わいでおいしかった。

ibu4.jpg

ibu3.jpg

ibu2.jpg

 デザートは家の近くにできたシュクレリーナードというフランス菓子専門店でショートケーキとザッハトルテとチーズケーキを購入し、3種盛りにしてみた。ここは久保直子さんという女性のパティシエの店らしいが、ケーキはもちろん、焼き菓子もあまり甘くなくてすべておいしいので重宝している。

ibu5.jpg

 余談だが、写真を撮った段階で夫の姿はまだないが、マリンは呼ばなくても既に席についている。既にまぐろの刺身を2切れとホタテを1切れ食しているため、食卓に上ったり、手をだしたりせずにお行儀よくディナー開始を待っているのである。

 昔、実家で20年間飼っていた愛猫ミイは食卓に上がって自分のお皿で食事していた。綺麗好きの親戚から「あの家では茶も飲まん(広島弁)」と言われたことがある。それを考えればマリンはかなりお行儀がいい。私はマリンと一緒に暮らすようになって免疫力があがり、肝臓の数値も絶好調である。猫好きの健康にとって大切なのは、雑菌よりも飼い猫の幸せのようだ。

 猫を妻にしてくれた心の広い夫には心から感謝している。お蔭でマリンは厳寒の冬もリゾートさながら、去年のクリスマスプレゼントである湯たんぽに、今年のプレゼントであるピンクの首輪を身に着け、新たに購入したピンクのふわふわバスタオルを巻いた寝床で片足を天国に入れて眠っている。このリラックスチェアは冬の間、マリンの独占状態で、私は滅多に座ることがない。

ibu6.jpg

 20周年にマリンは傍にいてくれるだろうか? 来年は推定16~17歳だから、いたら化け猫になってしまうけれど、遠い未来を考えても仕方ない。とりあえず、1日1日を大切に、猫を中心とした平和な家庭生活を更新していきたいものである。
スポンサーサイト

 クリスマスカードとライブ『ザ・スターズ』
2012年12月23日 (日) | 編集 |
kurenai.jpg

 11時から親友のCちゃんとお台場シネマメディアージュでライブ中継のタカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』~プレ・プレ・センテニアル~を見た。で、家に着いたら紅ゆずるさんのファンクラブからクリスマスカードが!! 9月に入会したので初めてもらうカードである。ライブの黒柳哲子風のコミカルな舞台姿も美しかったけれど、なんという美しさ、と思わずうっとり。年末進行で取材と原稿に追いまくられているのに、欲望に負けて行ってしまったライブだけれど、やっぱり行ってよかった~。

  『ザ・スターズ』は東京で公演中の雪組を除く4組のスターとスター候補、それにスターを支える参謀的な役割を担う生徒たちが一年に一度だけ同じ舞台に並ぶ一大イベントで、今年で5回目だそうだ。いつも一緒に観劇するAちゃんは雪組観劇とバッティングということで、お正月に人生初めての宝塚観劇をする予定のCちゃんを誘った。ライブだと顔もよく見えるので、「予習」に最適と思ったからだが、朝の悪天候は気の毒だったが、結構楽しんでくれたようだ。

 先入観なしにまっさらの状態で見たCちゃんが一番驚いたのは、男役スターの背が高いことだった。彼女も165センチでモデル体型の人なのだが、今の宝塚ではそのその身長は娘役と教えてあげると、「そうよねぇ。そう見えるもの」としばし唖然。スターは区別がつかないが、みんな美しくてスタイルがよい、ほかの人とはオーラが違うと感心していた。

 その彼女が一番男役らしく見えたと言ったのは専科の轟悠さん。「鳳蘭みたいで存在感が違う」そうだ。逆に女性らしさが感じられると言ったのは、意外にも蘭寿とむさん。そして、ジャニーズみたいで男性に近いというのが柚希礼音さんだった。私的にはモデルのような美形の凰稀かなめさんの方が素顔は女らしいかなと思うのだが、そう言われると、ラントムさんもモデルみたいではある。

 今年は宝塚で長年モダンダンスを教えていらしたアキコ神田さんと往年の大スター春日野八千代さんが亡くなって、追悼プログラムもあった。5人並ぶとそこに大空祐飛さんと霧矢大夢さんの姿はなく、代わりに凰稀かなめさんと龍真咲さんの姿が。そして、今日ナンバー2としてコントに歌にと大活躍していた壮一帆さんがトップとして5人の仲間入りをするわけだ。2年続けて同じ顔ぶれが並ぶことってないんじゃないだろうか。考えてみると、10代から30代までの容姿端麗な女性集団宝塚の新陳代謝はかなり早い。

 いつもの舞台はミュージカルとショーの2本立てだが、『ザ・スターズ』は歌とその年の組の出し物をもいったコントが中心なので、必然的にスター同志の歌の力量を比べ聴きするようになってしまう。その中でやはり上手いと思わせられたのは、龍真咲さんと壮一帆さんだった。龍さんは霧矢大夢の歌があまりに素晴らしいので、歌ウマの月組にいるとあたりまえのように思っていたけれど、「この人はこんなに歌が上手いんだ」と再認識させられた。私は歌ウマのスターさんが好きなので、壮さんのトップ就任は本当に嬉しい。

 紅さんは黒柳徹子に扮したコントの女役がすごく美しいのにコミカルでおかしかった。紅さんは姿だけ見るとケチのつけようながいほど女になっても綺麗なのだが、なぜか面白くて笑ってしまう。そのギャップが最大の魅力。男役をやめても、時代劇とかで美人女優で十分そのまま通るのかもしれないけれど。

 最後に今年の出演者は以下の通り。並びが入団順なのが宝塚らしい。

【出演者】
(専科)轟悠
(花組)蘭寿とむ、壮一帆、桜一花、華形ひかる、春風弥里、望海風斗、瀬戸かずや、鳳真由、   
    蘭乃はな、芹香斗亜、桜咲彩花、華雅りりか
(月組)星条海斗、龍真咲、光月るう、明日海りお、美弥るりか、宇月颯、紫門ゆりや、
    煌月爽矢、花陽みら、愛風ゆめ、珠城りょう、愛希れいか、咲妃みゆ
(星組)柚希礼音、十輝いりす、紅ゆずる、夢咲ねね、壱城あずさ、音波みのり、真風涼帆、
    早乙女わかば、麻央侑希
(宙組)悠未ひろ、凰稀かなめ、緒月遠麻、朝夏まなと、蓮水ゆうや、凪七瑠海、純矢ちとせ、   
    愛花ちさき、七海ひろき、澄輝さやと、すみれ乃麗、愛月ひかる、蒼羽りく、実咲凜音、
    伶美うらら
コーラス(星組)音咲いつき、紫藤りゅう、綺咲愛里、五條まりな、城妃美伶、華鳥礼良 




 野田首相の選挙演説
2012年12月16日 (日) | 編集 |
noda2.jpg

 今日(正確には昨日)の午後4時10、自由が丘の駅前のロータリーで野田首相の選挙演説を聞いた。仕事をしようとパソコンの前に座り、昨日取材で撮った写真を編集していたら、突然親友のYさんから電話がきて、「手塚よしお議員の応援演説を野田首相が自由が丘でやるから、一緒に行かない?」と言うのだ。

 私もYさんも世田谷区民で東京5区。つまり手塚議員の選挙区に住んでいる。手塚よしおさんは20年間、自由が丘の駅前で街頭演説をやっており、数日前にもご本人からパンフレットを手渡されたばかりで、周辺住民には顔なじみだ。というわけで、ミーハーな、そして実は「野田ファン」であったりする私は、仕事をほっぽりだして、首相の演説を拝聴したのであった。

 10分位まえに行けば前の方に行けるかと思ったが、政治に対する関心の高さか、あるいは一国の首相の姿を生で見たいという人が多いのか、ロータリーは人で埋め尽くされていた。野田首相の到着する前には蓮舫議員も登場して愛想を振りまいていたので、その影響もあったのかもしれない。

 肝心の演説だが、蓮舫議員が事業仕分けなど民主党3年間の成果をやや枯れてきた声を張り上げて訴えた後に登場した真打の野田首相、さすがに論旨が明快で上手かった。冒頭こそ「おまえら3年間なにやってたんだよ~」というようなヤジが飛んだが、すぐに静かになった。

 やはり強調していたのは自民党との違いだ。お金を刷ってインフレになっても、給料が減れば生活が苦しくなるだけ。20年間公共事業にバラまきを続けてきて日本が再生しないので、さらにその何倍も公共事業をやろうという古い政治へ逆戻りしていいのか、というものだった。

 教師である友人が最も印象に残ったと言ったののは、高校の無償化で中退者が減り、親が貧困なら子供も貧困という負の連鎖を断ち切る道が開けたというくだりだった。昔は親の所得が多少低くとも、子供は東大や国立大に行って、一流企業に就職することが普通にできた国だったのに、それがずいぶん難しい国になってしまった。「日本がアメリカみたいに所得格差の大きな資本主義国になって欲しくない」というのが、アメリカを知る私たち共通の願いだ。

 鳩山元首相の沖縄に対する無責任な発言は本当に許しがたいし、マニュフェストがあてにならないことを国民に知らしめた民主党の罪は重いが、だからといって、原発を推進し、借金を増やし続けた自民党に戻っても、顔ぶれは同じ議員なのだから、どうなるものでもない気もする。なんて気の重い選挙だろう。

 健康と同じで20年かけて病気になったものは、体質を変えて上向くまでに悪くなったのと同じくらい時間がかかるのだ。まして日本は急激に高齢化していて、医療や福祉に膨大なお金がかかる。新しい産業を興し、少数精鋭で効率よく稼ぎ、高齢者も身体が動くかぎり生涯働いて、オール日本で地道に努力して、ようやくほのかに光が見えてくるというのが、現実的な展望ではないだろうか。

 工務店取材などもやっている私は、建築業界に関わる人たちが安倍さんの政策に期待しているのを知っている。お札を刷れば、絶対に景気がよくなると言っている人もいた。しかし、それって国が消費者金融に借金するのと、根本的に違うところがあるんだろうか? 無知な私が理解できないだけないのか。それよりなにより、怖いのは、憲法改正・軍備増強で、気が付いたら戦争へ一歩踏み出すことだ。

 歴史を顧みれば、経済が悪くなると、ヒットラーのようなカリスマ性のあるリーダーが登場し、愛国心をあおって気分を高揚させ、強気になって戦争に突っ走っていくというのがお決まりのパターンだ。しかし、学んで行動を正さずして、何のための歴史だろうか。現実の味は苦く、夢は描きがたいけれど、私はやはり「現実」を語る政治家に一票を投じたいと思う。


 東京シェイクスピアカンパニー「長い長い夢のあとに」
2012年12月02日 (日) | 編集 |
nagai

 11月29日(木)、江戸馨さん率いる東京シェイクスピアカンパニーの「長い長い夢のあとに」を池袋シアターグリーンで観た。この演目はシェイクスピアの「ヘンリー四世第一部」「ヘンリー四世第二部」「ヘンリー五世」をベースに、現代劇の要素も入れた脚本を江戸さんがオリジナルで創作したもの。本でよく上演されるシェイクスピア劇はほとんど見ているのだが、「ヘンリー四世」「ヘンリー五世」は見たことがなく、この二人についての予備知識も全くなかったので、イギリスの歴史を知るうえでも興味深い内容だった。

 冒頭、10名位の男女が全員白い服を来て登場し、散歩しながらその中の一人の男が持つ帽子について議論する。本家の中年男が持っている緑色の帽子が似合うのに合わないの、分家の老人の方が似合うのではないか、中年の夫婦には子供がいないのだから、いずれその帽子は分家の二人の兄弟にわたるだろうといった内容が延々と語られるので、「シェイクスピアを現代劇に翻案したものなのか?」と少々不安に、かつ、ちょっとがっかり(江戸さん、ごめんなさい)したのだが、やがてその帽子が「王冠」の比喩であることが明らかになる。場面が転換すると、最初に帽子を持っていた「中年の本家の男」から無理やり帽子を奪い取った「分家の老人」がヘンリー四世として登場するからだ。

 ヘンリー四世は王冠を手にしてからよく眠れず、健康を害している。彼が王になるとき支援してくれた
ノーサンバランド伯やその息子ヘンリー・パーシー(ホットスパー)を冷遇したために恨まれ、いまにも反乱が起きそうなのだが、長男のハル王子は城を出て、大酒呑みの老騎士フォルスタッフや悪友たちと放蕩三昧。ハル王子がホットスパーのように立派であったらどんなによかったかと嘆く。だが、いよいよパーシー父子が攻めてくると、ハル王子はすぐさま戦場に馳せ参じ、騎士の誉高かったホット・パーシーを討ち果たして、名君ヘンリー五世となっていくのだ。

 舞台はシェイクスピアの描く15世紀のランカスター朝と帽子を巡って親戚同士が争う現代を行き来する。そして最後の場面は現代。長い間、父親が自分たち兄弟より帽子を大事にすることを嫌っていた長男は言う。「僕はこの帽子をかぶるよ。だって、これは父さんが大事にしてきた帽子なんだから」と。

 見終わった時には、王家の人間でなくても、「緑の帽子」のようなものを誰もが追いかけたり、苦しいのに抱え続けたりしながら生きているのに気づかされる。完成度の高い脚本、小さな劇場、手の届くところにいるよく訓練された役者たちと、知的な刺激のある時間を堪能できた。

 私は東京シェイクスピアカンパニーの朗読劇をこれまで数回は見ていると思う。朗読には朗読の魅力があるのだが、江戸さんのテイストが加えられた舞台はまた違った楽しみがある。つかさまりさんのように朗読でお馴染みの役者さんが演じる姿を見られるのも嬉しいが、いつものと違った役者が多数参加していて、新しい発見があるのも面白い。役者の顔ぶれをご覧になりたい方は下記をクリックして下さい。

nagai3.jpg

 今回よかったと思ったのは、まずホット・スパーを念じたStudioLifeの緒方和也さん。StudioLifeは宝塚の男版のような容姿端麗の男性だけの劇団で、以前加藤健一事務所で「モスクワからの退却」に山本芳樹さんが出ているのを見て、いい役者だなと思ったことがある。緒方さんも舞台俳優としてよく訓練された人という印象で、仁が役に合っていた。

 フォルスタッフを演じていたザ!クレロ(この劇団を見たことはないが)のかなやてきゆきさん。この芝居、実はランカスター朝の部分はフォルスタッフが主役といっても過言でないくらいセリフが多く、要となる役なのだが、いい声が朗々と響き、立派に大役を果たしていたと思う。

ハル王子の田山楽さん。茶目っ気があって放蕩してるんだけど、反乱の知らせを聞いてパッと切り替わるところが上手かった。最後にフォルスタッフに「私は長い長い夢を見ていた。私はおまえを知らない」というようなセリフがあった、「あ、これがタイトルになってるのね」と納得。名君と言われる人はそういう一面を併せ持っているものだ。

 余談だが、この劇の登場人物たちは現代人からするといずれも早逝している。ヘンリー四世に王冠(帽子)を奪われたリチャード2世は33歳。彼は幽閉されて餓死したらしい。ヘンリー四世は46歳。劇では老人みたいだが、現代なら働き盛りだ。ヘンリー五世は34歳。本人はもっと長生きするつもりでフランスを攻め、たくさん領地を奪って王位継承権まで得たのに、あっけなく赤痢で死んでしまった。ヘンリー・パーシー父子の反乱時、つまり劇で見た王子はなんと16歳の少年だったのだ。そんなに早く死ぬなら、若いときに遊んでおいてよかったねと言ってあげたい。そして、劇ではハル王子と同年代に見えるけど、ホットスパーは37歳から39歳くらいで、叔父と甥くらい年が離れている。

 この時代は王家や貴族に生まれても、権力争いや流行病で50歳まで生きられない人が多い。その分結婚も早く、リチャード2世の再婚相手は7歳だったフランス王シャルル6世の娘、イザベル・ド・ヴァロワである。さすがに子供すぎてリチャードは子孫を残せなかった。毎日おいしいものを食べて、ベッドの上で天寿を全うできる現代の日本人の多くは、当時の王侯貴族が願っても得られなかった幸せを既に手中にしているのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。