観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ミュージカル「ダンサ セレナータ」/ショー「Celeblity(セレブリティ)」
2012年07月28日 (土) | 編集 |

ダンスセレナータ

 ※12日マチネの感想を今ごろ書いてます。ゴメンナサイ。

 前回の星組公演「オーシャンズ11」で紅ゆずるさまの魅力にすっかりハマった私、柚木礼音さんはダンスの人だというし、夢咲ねねちゃんは長身でスタイルがいいしというので、この正塚晴彦作・演出の「ダンサ セレナータ」にはかなり期待するものがあった。
 物語はクラブのトップダンサーの青年イサアク(柚希礼音)と、オーディションを受ける友人についてやってきた娘モニカ(夢咲ねね)がひょんなことからダンスパートナーになり、それに革命が加わって展開される恋模様という、いかにも宝塚らしい設定なのだが・・・。

 このミュージカル、確かにダンスはよかったし、衣装もキレイで楽しめたのだが、個人的にどうしても気になったのが、いったいどこの国の話かさっぱりわからなかったこと。「バラの国の王子」みたいに童話風の話なら、私だってそんなこと気にならないのだが、ロンドンとかマルセイユとか実名がでてくるから、ついアルゼンチンだろうか、いや、でも踊りがタンゴじゃないみたいだしとか、見ている間中、ずっと気になって仕方なかった。

 しかも、夢咲ねねちゃんは一人だけ肌の色が黒いのに、植民地でお父さんはプランテーションを経営しているとかいう設定で、どうやらお金持ちのようだ。それなのに、その兄のアンジェロ(十輝いりす)は植民地からわざわざ領主国にやってきて、軍と一緒に革命を起こそうとしている。普通、現体制で資本階級にいる人は、「風と共の去りぬ」じゃないけど、革命がおこると一文無しになったり、逮捕されて絞首刑みたいな状況になることが多いのに、なんで金持ちのボンボンがそんな活動しているのか、どうも解せない(私の頭が悪いせいかもしれないが)。

 さて、愛する紅ゆずるさまの役はその革命を阻止しようとする秘密警察の中尉ホアキン役である。戦前の日本で言ったら特高の親分みたいな男で、部下を使って国家転覆を図ろうとしている人間たちを探り、逮捕して拷問したり、殺したりしている敵役なのである。
 ところが、オーシャンズ11」のベネディクトと違い、ホアキンははちょっと鬱屈しているというか、イサアクに会ったばかりなのに「おまえは俺に似ている」と言ったり、捕えたモニカを「おまえだから・・・」とか言ってイサアクに返してやったりして、やたらと好意的なのだ。アメリカ人とかが見たら、おそらく「こいつはゲイに違いない」と思うだろう。

 ナンバー2だけあって、嬉しいことに最後の最後まで出番があり、モニカをマルセイユまで船で逃がそうとするイサアクのところへピストルを持って追いかけてくるのだが、撃つかと思いきや「どうせすぐ革命が起こるから、今更おまえたちを撃っても無駄さ」みたいなことを言って立ち去って行くので、正直、見ている方は気が抜ける。
 何かしら信念をもって中尉になってるんだから、最後まであきらめずに一人でも殺すとか、革命軍と戦って戦死するとかしてくれれば、まだすっきりするんだけど、「おまえ、それでも軍人か!」と悪態の一つもつきたくなる腑抜けぶりではないか。
 別にとことん悪い奴だっていいのだ。そのキャラクターなりに、本人の中で整合性がとれていて、確信犯的にやっているのなら、十分魅力的なキャラになるし、演じる方も役作りがしやすいと思うのだが、どうもホアキンは中途半端の感をまぬがれない。

 むしろ、キャラクターとしてよかったのは、今公演で退団する涼紫央演じるクラブのバーテンダージョゼとクラブで最初にイサアクのパートナーだったアンジェリータの白華れみ。アンジェリーナが好きなのに、ずっと相手にされなかったジョゼだが、彼女のけががきっかけで、最後は結婚して主役二人よりも平凡な幸せを得るという設定。そして、最後にクラブが閉じるとの手紙を出して、主役二人の再会を演出するのもジョゼなのだ。もうちょっと早く手紙を出せばとも思うが、まあそれはいいとしよう。
 二人とも容姿も美しく、踊りも演技も上手いので、めぐりあわせが違っていたらトップになってもおかしくない実力の持ち主だっただけに退団はちょっと淋しい。涼さんはトップの柚希さんより学年が上なのに、ずっと温かく支えていた人で、トップにならなくても魅力的な舞台人になれるよいお手本になっていたと思う。素敵な人でした。ありがとう!!
 正塚先生の二人を送り出そうとする温かさが感じられて、好感がもてた。

 プログラムの解説によると、正塚先生はこの作品でトップ2人に新境地を開いてもらいたいと思ったそうだ。だから、「どこの国だか明確に設定しない」で過去に傷を抱えた男と秘密警察に追われる兄を持つ女という影のある複雑なキャラにしたのだろう。その志やよしなんだけど、なんとなくダンスシーンのために物語があるみたいな印象がぬぐえなかった。どうせなら、見る前にプログラムを読んでいたら、もうちょっとすっきり楽しめたかもしれなかったのに・・・。

 一緒に行った親友からは、「他の人は美しい二人が踊っている姿しか見てないのよ。そんなこと気にしてるのあなただけ」と言われてしまった。脚本の細部にどうしてもこだわってしまう私の性癖を恨むしかない。

 稲葉大地作・演出の「Celeblity(セレブリティ」は明るく華やかで、衣装がゴージャスで、現代的なところが星組にぴったりの作品だった。星はやはり明るいものが似合うような気がする。写真を見ると稲葉先生はまだ若手のようだが、センスがよくて楽しみだ。

スポンサーサイト

 誕生日の花
2012年07月24日 (火) | 編集 |

誕生日の花
誕生日の花2

 なんと、今日は誕生日である。もし私が「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーなら、“キラキラ輝くために”夫の手作りのディナーとか、素敵なレストランで食事などしているところだが、生憎、今日は某若手IT企業の代表の取材が夜に入り、夕食は宝塚劇場前のカフェで一人健康的なワンプレートディナーを食したのであった。

 「ああ、なんて寂しい!」と思われるかもしれないが、目の前は愛する宝塚劇場、そして公演しているのはお気に入りの紅ゆずるさんの所属する星組である。ちょうど休憩時間で2階のテレビに映る練習風景やら、ロビーで買い物するヅカファンの姿を目に入る。妄想狂の私は「こんな日に劇場前にいるなんて、やはり運命かしら?(って、意味不明)」などと思いながら、「ダンサ セレナータ」のホアキンの演技を反芻するのであった。

 家に戻ったら、さすがに何もしないとマズいと思ったのか、夫が買ってきた花がダイニングテーブルの上にあった。近所の花屋なのにラッピングが上手で、青山フラワーマーケットにそっくりの模様の紙を使っている。それで、3年前の夏に入院していた兄のもとに花を持っていったことを思い出した。私は今日、同じ病気をもちながら、その兄の年を「元気に」越えた。

 よくオマケの人生というけれど、私の人生もオマケの領域に入ったのかもしれない。それなら、もうちょっとちゃんとした仕事をしなければ・・・。

 「おまえも何か書けよ」という兄の言葉が今でも耳に残っている。

 なんでもいいのではなく、自分にしか書けないものを書けという意味なのだろう、きっと。

 宝塚宙組 グランド・ショー「クライマックス」
2012年07月03日 (火) | 編集 |
 「クライマックス」は作・演出の三木章夫先生によると、「クライマックス(最高潮)の連続」というコンセプトのらしいのだが、全体的にはいかにも宝塚らしいオーソドックスな作品だった。とはいえ、「おっ!」と目を引く斬新な場面がいくつかあった。

 まず、プロローグでコロスが「クライマックスを返せ!」と叫ぶシーン。コロスには歌の上手い人が選ばれていて、鈴奈沙也さんの声の魅力が光った。退団する風莉じんさん、花露すみかさん、百千糸さんも入っていて、コーラスの響きがとても綺麗で魅了された。
 そしてLast Waltzのシーンになるのだが、プロローグの紳士で大空さんと一緒に踊る登場する鳳稀かなめ、北翔海莉、悠未ひろ、寿つかさの4人を見ると、「あー、この人たちが大空さんをずっと支えてきたんだなア」という感慨深い。レモンイエローのシャツと黒のジャケットの組み合わせがステキだった。

 発想は面白いけれど、微妙なのが第5景のローズ・ラメント。カルメンの前奏曲に乗って、男二人(大空・鳳稀)と女一人(野々)が三角関係の果てに互いに刺したり刺されたり。暗転すると、死んだはずの男や女が生き返って、殺される人間が入れ替わるという趣向。最初はコンセプトが呑み込めず、混乱させられる。すみ花ちゃんはカルメン風の衣装が似合っていて、踊りもよかった。こういうストーリー性のあるシーンだと、カルメンが憑依しちゃうんだな。現役時代にスペインものもやれたらよかったのに残念だ。

 そしてロケットは白鳥に扮した研1生の初舞台。いつも思うのだけれど、宝塚の生徒さんは年次が上がるごとに痩せてシャープになり、トップともなれば面変わりするほどだ。それに引き替え、研1の人たちはまだ足もお顔もふっくらしていて、白鳥というよりアヒルみたいで可愛らしい。そういえば、ニコニコ動画で祐飛さんの研1の頃の動画を見たことがあるが、顔がまるで子供で別人だった。目の前の研1生の中に将来のトップはいるのだろうか・・・。
 圧巻はやはり最後の男役総勢によるダンスである。黒燕尾に身を包んだ男役全員が大階段から降りてくる情景は、まさに宝塚の醍醐味である。やがてザ・スターの大空さんがセリ上がり、全員で踊るボレロへ・・・。舞台を見ていると、大空さんが周囲から慕われていたということが、雰囲気で伝わってきた。寂しいのはファンだけではないだろう。
 
 「クライマックス」は大傑作ではないが、私的な好みからいえば、霧矢大夢さんの最後となった「Misty Station」のようにアニメも歌謡曲も出てこなかったし(大空さんにあのテイストは似合わないだろう)、衣装も華やかで美しく、ラストにふさわしい作品だった。

 最後に特筆すべきは、フィナーレのエトワールでWトリオを組んだ風莉じんさん、花露すみかさん、百千糸さんのハーモニーが美しかったこと。3人ともこの舞台で宝塚を卒業したが、トップになれなくても、私だったら大階段でエトワールを歌えるだけでその場で死んでもいいと思うんじゃないかな(笑)。

 この3年間、宙組の舞台を見るのが最大のストレス発散だった。大空さん、すみ花ちゃんだけでなく、長身の男役揃いで、娘役もしっかりした人が多かった。たとえば、この公演で退団した藤咲えりさん。「クライマックス」とは関係ないけれど、中日公演「仮面のロマネスク」のトゥールベル夫人は柄に合って美しく、この人なりのクライマックスだったのかな思う。

 大空さん・すみ花ちゃんの退団で、私の愛した宙組の一つの時代が終わった気がする。これからも見続けるとは思うけど、みなさん、ご苦労さまでした。


 大空祐飛さん退団公演 「華やかなりし日々」
2012年07月02日 (月) | 編集 |
 yuhi.jpg

 久々の更新。実は6月は舞台を4回、映画を2回見ているのだけど、死にもの狂いで遊ぶと死に物狂いで仕事することになるので、なんと更新が7月にずれ込むことに(泣。

 6月29日(金)、2回目のミュージカル「華やかなりし日々」を見た。ご存じのとおり、この公演を最後にトップスター大空祐飛さんは退団し、二度と舞台上であのクールな男役を見ることはできない。
 
 7月1日のラストショーに行きたかったのは山々だが、舞台もライブ中継も2回の抽選にあえなく落選し、自宅で仕事の原稿など書きながら、雨模様の梅雨空のごとく心の中で涙しながら見送る私であった。写真は東京宝塚劇場に飾られていたのをスマホで撮影したもの。階段に立ち止まって大勢撮ってたから、劇場に足を運ばれたみなさんは「ああ、あれね」と思われることだろう。

 さて、「華やかなりし日々」の感想だが、意外にも大空さんの美学をきっちり体現したウェルメイドな作品だった。作・演出の原田諒先生はこれが大劇場のデビュー作だそうで、正直、発表を聞いたときいは「そんな新人にやらせるなよ、サヨラナ公演を! 大失敗するに決まってるだろ」と怒り狂っていた私。同じ気持ちのファンは多かったと思うし、実際にそういう声はご本人の耳にも入ったはずで、ものすごいプレッシャーだったに違いない。でも、それがよい方向に作用して、よくある話ではあるんだけど、すべてにさじ加減が適当で、軽くておしゃれに仕上がっていた。原田、お手柄じゃ~。 
 「クラシコ・イタリアーノ」がよかっただけに、たくさんの人が「クラシコ・・・」でやめればよかったみたいなことを書いていたけれど、個人的には人情路線の「クラシコ」より、伏線がきっちり張られていて、脚本に緻密さのある「華やかなりし日々」の方が私は好きだ。もちろん、「クラシコ」ほど大空さんのスーツ姿のカッコよさを見せつけてくれた作品は他にないし、それは大いに評価しているのだけれども。

 まず、1927年というあと2年で世界大恐慌に入る前の好景気に沸いた狂騒のニューヨークという設定が華やかでいい。この時代は実際に宝石の鑑定技術が稚拙で、偽物が出回って随分騙された人がいたらしく、その現状を憂慮して1931年に設立されたのが世界で最も権威ある鑑定機関のGIAというわけで、それほどひどかったということだ。

 大空さん演じるロシアの亡命貴族を名乗る天才詐欺師のロナウドと孤児院出身のコーラスガール野々すみ花のジュディも自立心と上昇志向が旺盛で、底辺から這い上がった男と這い上がろうともがいている女という設定が二人に似合っていた。素顔のすみ花ちゃんは「クラシコ」で演じていた女優志望の純な田舎娘というキャラクターに近いのかもしれないけど、憑依体質の人なので、素とかけ離れた役、たとえば「トラファルガー」の人妻エマとかの方が魅力的だったりする。気の強いジュディというキャラクターも彼女の女優としての魅力を引き出していたと思う。
 
 それと、何より驚いたのが、すみ花ちゃんの歌が上手くなっていたこと!! もぐり酒場クラブ・ヴィーナスの場面は本当に堂々としていて、伸び盛りなんだなーっと思った。まだ若いのにここで辞めるのは本当に惜しいし、今の実力なら本格的なミュージカルに主演する姿も見てみた。だけど、「宝塚GRAPH」の対談でも「大空さんは私のすべてなんです!!」と言っていたから、次のトップと組むことは考えられないのだろう。その他、感じたことを羅列すると・・・。

 ・ジーグフェルドを演じた悠未ひろさん、歌もコミカルな演技も素晴らしかった。チャンスさえ与えられれば、とっても魅力的な男役さんなんだと再認識。こういう人が脇にいてくれると、トップはものすごくラクなはず。身長175センチの長身なので、本物の男性に見えるところもすごい。

 ・北翔海莉さんは大空さん演じる天才詐欺師の相棒ニック・ウェルズという役回りで、長年大空さんを支えてきた人だから、最後が敵役でなくてよかった。ただ、お金もちのはずなのに、恋人のキャサリンにまで偽のネックレスをプレゼントするのはどうかと思うけど、これは脚本の問題。北翔さんが歌いだすといつもほっとするくらい歌が上手くて、個人的には宙組にトップになって欲しかった。専科への異動はショックだろうけど、これからも応援してます~。

 ・マフィアのボス、キング・グラントの鳳翔大。綺麗な役じゃないので顔はよくわからなかったけど、ドスのきいたユーモラスな演技で笑いをとっていた。宙組は長身で綺麗な若手がたくさんいるけれど、こういう役をやれる人は貴重だと思う。

・ブルックリンの川岸でロナウドがジュウディに秘密を打ち明ける場面。マンハッタンの夜景を背景に、大空さんとすみ花ちゃんがブルー系の衣装を身にまとって重なり合う姿が美しかった! この二人のラブシーンを見るのはこれが最後かと思うと、名コンビだっただけに、切なさが胸に迫る。天才詐欺師で大富豪にまで成り上がった人物が簡単に自分の本名を人に言うかねと思うけど、そこはご愛嬌ということで。

 ・ラスト、大空さんが「男はつらいよ」の寅さんみたいに一人で後ろ姿を見せながら去っていくシーンが胸キュンものだ。ジュディとは深い関係にはならず、彼女を想いつつも「一人で」去るというのが、現実の大空さんと重なっていてよかったと思う。この場面は本人の希望を取り入れたのかな、などとと想像しながら見てしまった。

 大空さんとすみ花ちゃんは「カサブランカ」の時からずっと見ているが、演技に傑出したコンビだったし、幸運なことにずっと作品に恵まれてきた。大空さんはクールビューティと言われるが、単にお顔の作りが綺麗な人やスタイルのいい人は他にもいたはずだ。これまで「フェアリー路線が好きだったのに、どうして大空さんのファンになったんだろう」と自分でもその理由がわからなかったが、やはりこの人は論理的に自分が納得するまで役を分析して演じたプロフェッショナルな男役さんで、歌にしても、その役として歌っているから心に響いたじゃないかと思う。そういう真摯な姿勢が全身からにじみ出ていたから、そのオーラに惹かれていたのだと最後の最後に気づかされた。

 トップ男役はたくさんいるけれど、大空さんのように自分のスタイルを確立した人は多くない。
 20年間、本当にご苦労様でした。幸せな3年間をありがとう!


 ショー「クライマックス」は風莉じんさん他、退団者が大活躍した舞台だったので軽くながせず、感想は明日にさせて頂きます。ではでは、また明日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。