観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 フルートアンサンブル カルミア 1stコンサート
2012年06月04日 (月) | 編集 |
カルミナ2

 今週末は2日続けて文化的な催しが続いた。日曜日の午後は親友Aちゃんのお招きを受けて、夫と共に蒲田にある大田区民アプリコ小ホールで開催された「フルートアンサンブル カルミア 1stコンサート」に足を運んだ。

 『カルミア』とは初夏に開花する別名アメリカンシャクナゲと呼ばれる花で、花言葉は『大きな希望』だそうだ。初めて耳にする花の名だったが、同じFC2ブログの中にフリー画像を提供されている方があったので、貼り付けてみたが、可憐で美しい花である。(花の詳細が知りたい方は、こちらへ)。

カルミア2

 アンサンブル自体は2010年春に結成されたばかりだが、Aちゃんのフルート歴は学生時代からうん10年。昨年秋には帝国ホテルから依頼されて出張演奏しており、アマチュアとはいえ、相当レベルの高いメンバーが揃っているようだ。ふだんから武蔵野音楽大学講師の中嶋伸夫氏を迎えて指導を仰いでいるそうで、今日の演奏指揮も中嶋氏だった。

 これまで、オーケストラや管弦楽団の演奏会には行ったことがあるが、フルートだけで13人というのは初めてだし、フルートという楽器について何も知らないので、どんな演目が並んでいるのかと興味深々だったが、会場で渡されたプログラムは次のようなものだった。

プログラム

1. ディヴェルティメント         W.Aモーツァルト
2. セレナーデ              P.チャイコフスキー
3. テルツェット             A.ホフマイスター
4. 5本のフルートのためのコンチェルト  J.ボワモルティエ
5. 四重奏曲
  フィオリトューラ           八木澤教司
  コロラトューラ
6. サウンド・オブ・ミュージックメドレー  R.ロジャース
7. 花言葉                 田中久美子
   マーガレット
   コスモス
   ライラック
8. “くるみ割り人形”より「花のワルツ」  P.チャイコフスキー


 グループ名にちなんで、演目は初夏を思わせる爽やかなもの、花にちなんだものが多かった。印象に残ったものについて、感想を述べてみたい。

セレナーデ
この曲はテレビのコマーシャルやドラマでもよく使われていて有名なので、冒頭のターターターター、というメロディを耳にしたことのある人は多いだろう。ずいぶん前に、サントリーホールでオルフェウス室内管弦楽団の演奏を聴いたことがあるが、オルフェウスは弦楽器16名、管楽器10名が基本構成なので、ヴァイオリンやチェロといった弦楽器の音色が強く響き、力強い感じを受ける。朝の情景だとしたら、雲が割れてバッと黄金の光が差し込んでくるようなイメージだ。それが全部フルートになると、朝もやの中からうっすらとやわらかな陽がさしてくるやさしい情景が目に浮かぶから不思議である。色でいったら、穏やかなベージュとか、白い近いグレーのような感じ。楽器によって曲の印象はこうも違うものか。う~ん、こういう女性がいたら癒されるだろうなア、と思わせるのが、フルートの音色の魅力なのだと改めて実感。

テルツェット
プログラムによると、これを作曲したホフマイスターはモーツァルトと同時代のドイツの作曲家なのだそうだ。自身がフルーティスト(この名称も知らなかった!)で、多くのフルート作品を残しているらしい。しかし、彼の曲を聴くのは今日が初めてで、このような人がいることは全く知らなかった。Aちゃんを含む4名で演奏されたこの作品、「にわとり」「カッコウ」「ロバ」とそれぞれの動物の鳴き声がモチーフとして配されていて、可愛らしくて、明るかった。ドイツ人らしくない明るさかも。ウィキペディアによると、ホフマイスターの評価は作曲家としてより、音楽出版者としての方が高いらしいが、ベートーベンから“もっとも愛しい兄弟”と呼ばれているのだから、きっと音楽や楽器に造詣が深く、人柄がよかったのだろう。

四重奏曲 フィオリトューラ/コロラトューラこの2作は1975年生まれ、いま37歳の若き作曲家八木澤教司氏の作品である。「フィオリトューラ」の語源はイタリア語で“花の咲くこと”、「コロラトューラ」の方は“華やかな旋律”という意味合いがあるそうだが、印象としては、どちらもキラキラ輝く万華鏡を見ているような、あるいは華やかな衣装を身に付けた道化師が玉を両手にくるくる踊っているようなイメージで、日本人ばなれした感性、音のセンスのよさを感じた。現代にもこんなクラシック作品を作っている作曲家がいたなんて驚きだ。もちろん、そう思わせるのは演奏する人たちのテクニックがあればこそである。

ちなみに八木澤氏、東日本大震災のチャリティなどで有名になり、昨年の紅白歌合戦で夏川りみさんと秋川雅史さんが唄っていた「明日という日が」の作曲家なのだそうである。八木澤氏のホームページによると、もともとは2006年に第30回全日本合唱教育研究会全国大会のために作曲したもので、こんなふうに東日本大震災の被災者のために歌われることになろうとは、本人も思ってもいなかったらしい。

花 
日本人なら誰もが知っている滝廉太郎の名曲は、アンコールとして演奏されたもの。昨日の公開講座で聞いた幕末維新の留学生ではないが、滝廉太郎もまた、明治34年に日本人音楽家では二人目となるヨーロッパ留学生として東部ドイツの名門ライプツィヒ音楽院に入学したのに、わずか2ヶ月で結核を発病し、満23歳という若さで亡くなっている。故郷の大分で死ねたのがせめてもの救いかもしれない。この花が発表されたのは1900年。それから112年たっても、大勢の人によって演奏されたり、歌われたりしているなんて、短くとも花も実もある人生だなと、凡人の私としてはちょっぴり羨ましい。フルートを自由自在に操って、このような優美な曲を奏でられるAちゃんやメンバーの方々も羨ましいし、素敵だなと思う。

 2回の休憩をはさんで、約2時間のプログラムはあっと言う間だった。会場では大学卒業以来会っていなかった友達とも言葉を交わし、再会を誓って会場を後にした。

 Aちゃんとは実家が近く、3歳の時から家族ぐるみの付き合いがあり、小学校から大学までずっと同じ学校だった。奇縁というべきか、実家の場所は変わったのに、10数年前に私が同じ沿線に越してきて、高校時代の「観劇の友」が復活している。但し、竹馬の友でありながら、性格はまるで違う。Aちゃんは妻・母・仕事の一人3役をこなしつつ、フルートでも地道に努力を重ね、いつのまにかプロの領域に達してしまうような人。

 翻って私は、欲望の赴くまま気の向くまま、何でも手をだすけれど、一つとしてモノにならず、いたずらに年を重ねて今に至っている。夫からは、付き合っていた頃に聴かされたピアノの発表会の演奏があまりにひどかったので「大人が弾くというから上手いのかと思ったら、騙された! 決して西洋音楽に手を出すな」と厳命されている有様だ。でも、昔三味線をちょっと爪弾いたら、才能あるって言われたっけ。あと20年生きられたら、もしかして?? あくまで、希望だけは捨てずにおこう。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。