観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 R.S.Booksで買った『格闘する者に〇(まる)』を読了
2012年05月29日 (火) | 編集 |
 
格闘する者に○

 人と同じように、本には出逢いというものがある。いくら人に薦められても、なんとなく縁がなくて通りすぎていたのに、時の流れで邂逅するというような・・・。私にとって、三浦しをんというのはそういう作家だった。

 親友とその家族は随分前からお気に入りで、『風が強く吹いている』に感動して映画まで見に行き、その映画にさらに感動を深くして帰ってきたようだが、なにしろ私は駅伝のどこが面白いのかさっぱりわからない(命を懸けている方、ごめんなさい)ためスルーしてしまい、文楽を舞台にしたという『仏果を得ず』が出たときは、タイトルが秀逸だし、興味のある世界だから読みたいと思いつつ、なんとなくそのままになっていた。

 そして、運命の5月25日、遂に私はしをん嬢に、八重洲地下街の古書店「R.S.Books」の本棚でめぐり逢ったのであった(オーバーですね、ハイ)。金欠なのに本を見ると衝動買いがやめられず、魅力的な書棚の誘惑に勝てずに一度に9冊購入。そのうちの2冊がしそん嬢の作品、『格闘する者に〇(まる)』と『仏果を得ず』であった。

 2000年に出版されたデビュー『格闘する者に〇(まる)』はすごく読みやすくて2日で読了。ファンの方はみなさんご存じだと思うけれど、マンガ大好きの女子大生可南子がマンガ編集者を夢見て就職活動を展開する物語である。

 74年生まれのしをんさんよりずーっと前に生まれ、雇用均等法以前に当時嫌われた4年制の女子大生として就職活動した私が一番驚いたのは、女性に開かれた職場というイメージのある出版社でも、セクハラまがいの男子学生優遇採用が実施されていたこと。

 確かに、採用関係の取材を長年やってきて、企業がワークライフバランスとか言って、女性社員の出産・子育てを支援し始めたのは、この4、5年のことだ。ほんとに日本って、おカミがこうしろと号令をかけ、周りがやりだすと一斉に舵を切るんだな。そういう意味では、共産主義顔負けという気がする。

 ジャンルから言うとユーモア小説というべきか。「平服で」と言われてデパートの面接に豹柄のブーツで行くエピソードなど笑ってしまうし、華やかな容姿でいつも男にモテモテの砂子と博学でゲイの仁木君という親友二人のキャラクターも魅力的なのだが、ラストはちょっと淋しさが漂う。最後はおじいさんの書道家で足フェチの恋人西園寺さんが中国へ旅立ち、集A社や丸川書店も面接までいったのに落とされて、一人で社会に立ち向かわねばならないことが暗示されているからだ。

 『格闘する者に○』というタイトルは、出版社の試験官が「該当するもの」というべきところを間違えていった言葉が使われているのだけれど、物語が進むにつれて、意味をもった言葉になっていく。会社に適応しなさそうでも、就職活動がいかに過酷でも、とにかく、後悔しないようにじたばた行動し、社会と向きって格闘することが人間として正しいんじゃないかと。
 
 う~ん、軽くて深い、面白くて淋しい。
 大学でたてでこれを書いたしそん嬢は、やはりただ者でないのであった。
 
 かくいう私は、子供がいたら就職するようなトシになって、今だに社会、仕事、家族、自分となんにでもかんにでも格闘している。大学生の頃は言うまでもなく、20代で「普通のOL」をしていた時代でも、こんな未来の自分は想像すらできなかった。

 とはいえ、取材して人と出会う、話にじっと耳を傾ける、感動する、書く、という一連の作業は、大変さはあっても楽しいし、生きていると実感させてくれるものではある。その「場」が与えられているのも、自分なりに格闘してきた結果だと思えば、人生よしとせねばなるまい。

 次回は本好き女性店員さんが運営するレトロな古書店「R.S.Books」について書きたいと思う。

スポンサーサイト

 自由が丘 セントクリストファーガーデンでお茶
2012年05月28日 (月) | 編集 |
 英国1

 日曜日、あまりにお天気がよかったので、自宅でランチした後、お腹ごなしに自由が丘まで散歩してお茶をしようということになった。入ったのはセントクリストファーズ ガーデン。英国風のバラの咲く庭園を眺めながら、これまた英国風の邸宅で優雅にティータイムをいたしましょう、というコンセプトのお店である。

 実は、最初に目指していたのはカスタネットというテラスのあるお店。が、ここは犬同伴OKなので、テラス席はドッグラバーの社交場と化しており、満席状態。お犬さんが嫌いなわけではないけれど、人と群れないキャットラバーの私たちとしては、かなり違和感が・・・。

 というわけで、ふらふら歩いて辿りついたのが、写真で見るようなおしゃれなティーサロンだったというわけ。以前にも自由が丘在住の友だちと来たことがあるけれど、この日の私たちは全身パタゴニアといういでたちで、お店の雰囲気に似つかわしいとはお世辞にも言えない。それでも、美人のウェイトレスのお譲さんはきわめて感じよく応対してくれた。

 15分くらいあった待ち時間に撮ったのがこの写真。あんまりバラが綺麗なので、私たちだけでなく、かなりたくさんの人たちがシャッターを切っていた。

英国2
英国3

 紅茶好きの夫はニルギリと人気No.1というイングリッシュケーキ、私は昨日見たヴィクトリア女王の映画に影響されてクイーンヴィクトリアと期間限定・イングリッシュローズケーキをオーダーした。コーヒー党の私だが、たまによいお紅茶をいただくと気分が本当にリフレッシュする。「紅茶って、こんなにおいしかったんだ~」っと紅茶党に転向しようかと思うくらいだった。ピンクと白で彩られた美しいケーキは、ほんのり酸味のあるサワークリームが程よい加減で、本当に美味で、二人とも大満足。
 
 お値段はホテル並みに立派だけれど、ポットで出されるお茶をゆったり頂きつつ、2時間歓談できるなら、十分価値はあるんじゃないだろうか。

 ところで、バラといえば、田園調布のロータリーのバラも綺麗。これは先週の日曜日に撮影したもの。お天気は曇りだったが、やはりたくさんの人たちが美しさに感激して撮影していた。田園調布の高級住宅街を歩くと、見事なバラを育てている邸宅をちらほら見かける(決して田園調布在住ではありません。念のため)。

田園1

田園4

 かつて自由が丘は筍で有名だったというし、田園調布もたぬきが走っていたと祖父が言っていたっけ。たしかに、麻布とか六本木に比べるとけっこう都心から離れているし、公園も多くて、田園的なのんびり感が漂っている地域ではある。下記は先週撮影した宝来公園の池の風景だが、池の中では何十匹ものカメや鯉が誰にも邪魔されずにのんびり暮らしている。下町育ちの私がこんんところにいるのを見たら、浅草が好きだった祖父は「田舎者になって」と嘆くことだろう(笑)。

田園3

P.S. 帰宅途中の自由が丘のシャツ屋さんの前で「散歩する猫」に出会ってビックリ。
飼い主のおじいさんはアメショーだというが、模様のない濃いめのグレーはアメショーには見えなかったけど、その猫、車も大好きでドライブするし、ウィンドウから手もふるらしい。「うらやましい~。マリンもそうなら、一緒に旅行に行けるのに」と言ったら、夫いわく「ほら、店の前で寝てるのに、じっと起きるのを待ってるだろ。猫の飼い主はみんなああだから、散歩なんかしたら、何時間かかるかわからないよ」と。確かにねぇ~、猫って、散歩の途中で立ち止まったり、お昼寝したりして、テコでも動かなくなっちゃうんだな。やっぱり、うちの子は内弁慶でよかった、と胸をなでおろす猫バカであった。


 オランダ土産 瓶詰ハーリングとチーズでランチ
2012年05月28日 (月) | 編集 |
オランダ出張から戻ってきた夫のお土産は、オランダ名物の瓶詰ハーリング(にしんの酢漬けマリネ)とチーズ、それに名前と猫を刻んだハイネケンのビールグラスであった。猫は特別に頼んで入れてもらったとのこと。(全てのお土産の中で一番嬉しかったのは、言うまでもなくその愛らし猫である!!)

オランダ1

 ちなみに、右に映っている缶はメープルシロップを練りこんだワッフル、上にのっている箱はミントキャンディー。このワッフル、紅茶など温かい飲み物の上におくと、メープルシロップが溶けてきてやわらかくなり、なかなか美味。味からいえば、これが一番おいしいかもしれない。

 さて、今日はそれらのオランダ土産を素材に週末のランチを作ろうということで、考えたのが次のメニューである。

 ・ハーリングの前菜(玉ねぎ、きゅうり、トマト添え)
 ・あさりとキャベツのワイン蒸し
 ・明太子とハーブ入りチーズのパスタ(庭のバジル添え)
 ・レモンスカッシュ

 他の方もブログなどに書いておられるが、オランダはグルメの国ではなく、特に名物というものはないらしい。夕食の写真を見せてもらったが、ポテトの上にミートボールが乗っている料理は、確かにあまりおいしそうじゃない。

 夫いわく、街にやたらとカフェがあって、そこでビールを飲んでいるそうだ。それと、チーズなどの乳製品の消費量はすごいらしい。確かに、前回の出張でも買ってきたチーズはいろいろなバージョンがあって、なかなかおいしかった。

 で、今回使ってみたのは、バジルなど数種類のハーブが入った緑色のやつ。写真で見るとグロテスクだが、これが明太子と混ぜると、味がまろやかになって意外と美味。

オランダ2

 ハーリングはわりと日本的な味で、きゅうりとわかめで酢の物にしたというブログもあったが、メインがパスタなので、素材そのものの味を楽しもうと、下にみじん切りした玉ねぎを敷いて、ちょっとピクルス用の酢をかけ、その上にハーリングをおいて、トマトときゅうりを彩に置いただけ。これでも十分おいしく頂けた。

オランダ3

 最終的に食卓に並んだのは、あさりのワイン蒸し(これはオランダとは無関係)を入れて、こんな感じ。ボリューム満点で魚貝菜食のなかなかヘルシーな献立で、予想以上の満足感だった。

オランダ4

 持ち帰ったチーズは数種類。オランダ人のランチはパンにチーズかハムをはさんでサンドイッチというのが一般的らしい。だが、それだけではとても消費しきれない。なす入りボロネーゼにしてチーズを大量に振り掛けるとか? 来週末までに次のメニューを考えねば。なんとも悩ましいオランダ土産ではある。

 なにかよい知恵があったら、ぜひとも教えて頂きたい。


 春野寿美礼「エリザベート」観劇記
2012年05月21日 (月) | 編集 |
エリザベート

 5月18日(木)、帝劇でミュージカル「エリザベート」を観劇。10年近く前に一路真輝・内野聖陽のコンビで見ているが、今回はキャストが一新され、同じなのはエリザベートを暗殺したルイジ・ルキーニ役の嶋政宏さんくらい。私と友人のお目当ては、宝塚時代に男役としてトートを演じた春野寿美礼さんとルキーニを演じた瀬奈じゅんさんがどれくらい女性らしくエリザベートを演じているかということだった。
 このお二人、宝塚時代から仲のよいことで有名で、共に歌にも定評があったのだが、何しろ男役と女性とでは音域が違う。瀬奈さんは宝塚でも、また退団後にもエリザベートを演じているけれど、私は両方とも見ておらず、それは来月までお預けということで、まずは春野エリザベートをお気に入りの人たちとの組み合わせで見ようということで、次のようなキャストになった。

エリザベート 春野寿美礼
トート    石丸幹二
フランツ・ヨーゼフ 岡田浩暉
ゾフィー   寿ひずる
ルドルフ   大野拓朗
少年ルドルフ 坂口湧久

ルイジ・ルキーニ(暗殺者)嶋政宏
マックス(エリザベートの父) 今井清隆
ルドヴィカ(エリザベートの母)春風ひとみ
ヘレーネ(エリザベートの姉) 南海まり

 まず、意外だったのは春野さんの少女時代のエリザベートが可愛くて自然だったこと。宝塚時代は男らしい男役というイメージだったし、顔立ちから言っても「16歳の少女はちょっと」と思っていたのだが、舞台は遠目ということもあって(笑)、声と全体から受ける印象はきわめてナチュラルだった。
 これはエリザベートが結婚して、大人の女性になってからも言えることで、一緒に見た友人いわく「エリザベートは身長が172センチもあったから、プロポーションから言ったら、春野さんが一番本物に近いんじゃない」と。なるほど、そうかも。ウエスト50センチ、体重50キロというのも、スリムだから近いかもしれない。

 個人的に私が感心したのは、春野さんの「声量がある」ということ。フランツ・ヨーゼフ役の岡田浩暉さんはシアタークリエえ「ブラッド・ブラザーズ」を見て、声のよさからファンになったのだが、二人で並んで唄うと、春野さんの声の豊かさが際立っている感じがした。それがフランツ・ヨーゼフとエリザベートの力関係を象徴しているようで、この作品にはお似合いなのだが。

 トートの石丸幹二さんは流石に歌が上手い。内野聖陽さんのトートの時は「この人に歌が唄えるんだろうか?」とハラハラしてみていたし、セリフが音楽にのってるような感じで、トートが唄っていたという記憶がすっぽり抜けていた(笑)。それが石丸さんのトートを見て、「トートって、こんなに歌の多い役だったのか!!」とびっくり。演じる人が違うと、こんなに役の印象が変わるとは驚きだ。

 ところが、それなら内野トートが悪かったかといえば、皮肉なことに、キャラクター的には内野さんは悪くなかったと、石丸トートを見て気づかされた。トートというのは、強引にエリザベートを黄泉の国へ引きずっていこうとする悪役なので、ちょっとワイルドな、自分勝手なキャラじゃないといけない。ところが、いつも石丸さんの恋に悩む貴公子とか芸術家の役とかを見ているせいか、どうもトートそのものというより、「貴公子が悪役を演じている」という印象を受けてしまって、「キャラから言えば、石丸さんはフランツ・ヨーゼフの方が合っていたのでは」と思ってしまうのだ。

 ゾフィーの寿ひずるさん、宝塚の二番手時代の舞台から一足飛びにゾフィー大公妃だから、ちょっとギャップがありすぎた。初風淳さんなら「相変わらず歌が上手いなあ」でいいんだけど、「え、あの寿さんが、あの役を」って感じて、怖さ倍増。芝居も歌も上手いし、問題はどこにもないのだけれど、今度はもっと違う役で見てみたい。

 ルドルフの大野拓朗くんは日本人離れしたお顔とプロポーションで本当に美しかった。歌の方は将来に期待しましょうというところだけれど、役にぴったり。この人ならロミオとかウェストサイド物語のトニーとか、二枚目役はなんでも似合いそう。それから、少年ルドルフの坂口湧久くんも食べちゃいたいくらい可愛らしい。しかも、幼いのに歌が上手いこと。今どきの子役はプロ根性が大人顔負けだ。

 エリザベートの母親役の春風ひとみさん、父親役の今井清隆さんはいつもながら、芸達者ぶりを発揮。リヒテンシュタイン伯爵夫人役の小笠原みち子さんも歌が上手で、思わず隣りにいる友人に「この人、宝塚の人? 名前がヅカっぽくないけど」と尋ねたら調べてくれて、ヅカ時代は如月巳麗(きさらぎみれい)という芸名だとか。日向薫さんの同期だという。

 東宝ミュージカルって、主演女優は宝塚、主演男優は劇団四季の出身者が本当に多い。宝塚も最近は結婚して引退するスターさんはほとんどいなくて、二つの劇団はミュージカル俳優養成所でもあるんだなと思わされる。

 さて、最後にルキーニの嶋政宏さん。他の主要キャストがダブルかトリプルなのに、なぜかこの人だけ出ずっぱりなのに一人で演じていて、体調管理が大変だろうなとか、1000回以上も演じたら飽きないだろうかなどと、余計な心配をしてしまうのだか、更にパワーアップしていて感心した。この役は狂言回しで、セリフが不明瞭だと話自体が見えなくなってしまう大事な役だ。
 宝塚でも轟悠、紫吹淳、湖月わたる、瀬奈じゅん、霧矢大夢、音月桂、龍真咲とトップスターかトップ候補が演じている。高島さんは容貌も実際のルキーニに似ているし、セリフにリズムが合って、スムーズに次の場面につなげているところがさすがだと思った。この人がトートをやってみたらどんな感じだろう。ちなみに、無政府主義者のルキーニが「王侯なら誰でも良くて」君主制を否定したエリザベートを暗殺したというのは、皮肉といえば皮肉である。

 エリザベートは庶民の感覚からすると、夫や子供を放り出して18年間も放浪の旅を続け、国民から搾り取ったお金を贅沢な宮殿建設や美貌を保つために使ったりして、実に自分勝手な「自由」を追い求めた女性だ。その「自由」のツケを晩年払うことになるわけで、この物語は「義務と自由」にどう対峙すべきかという問いを観客に問いかけているのだ。
 彼女に多くの人が魅かれるのは、類まれなる美貌と共に、徹底した意思の強さ、わがままさを貫き通した人生が羨ましいからではないだろうか。人間的に強くなければ、そんな生き方はできないし、大抵の人はどちらも中途半端な人生を送ってしまう。かくいう私も、飼い猫に恨まれるのが怖くて、1拍2日の温泉旅行すら実行できないありさまだ。
 エリザベートは歌舞伎でいったら、立女形みたいな役。だから、元宝塚の男役スターに似合うのだろう。

 平日のマチネなのに少なくとも1階は満席。観客は宝塚ファンとかなりかぶっていて、開演前も「キリヤン(霧矢大夢)がね・・・」といった会話が隣の方から聞こえてきた。幕が降りると、スタディングオベーションで熱い拍手が送られていた。春野さんのファンが多いのだろうか、90%以上が女性で、いつもながら、日本の文化は女性が担っているなと思うのであった。

 「ドン・カルロス」に見る宝塚的ハッピーエンド
2012年05月11日 (金) | 編集 |
カルロス

 今年は宝塚の男役トップの退団ラッシュである。4月の霧矢大夢(94年入団)、7月の大空祐飛(92年入団)はともかく、98年入団の音月桂の退団発表には驚かされた。といっても、実は私、2年前にヅカに復帰して以来、「ロミオとジュリエット」のチケットは入手できず、「仮面の男」は仕事で身動きとれずで雪組に縁がなく、音月さんの舞台を見るのはこの「ドン・カルロス」が初めてなのだ。3拍子揃った男役、特に歌唱力に定評のある音月さんとの最初の出会いが退団発表の後というのは、なんとも複雑な心境である。

 という状況の中で見た「ドン・カルロス」。一言でいって、予想外の秀作だった。史実では獄死しており、父のフェリペ二世によって、母である王妃エリザベートと共に毒殺されたとの噂もあるカルロスなので、暗い話を予想していたのだが、最後が宝塚的に脚色されてハッピーエンドだったし、キャスティングもぴったりだったと思う。
 パンフレットによると、この宝塚版は脚本・演出の木村信司先生が亡くなる間際のフェリペ二世の心境に想いをはせ、「本当はこうであったなら」という人が未来に期するものを形にしようと生み出したものだという。

 舞台は16世紀後半のスペイン。王太子ドン・カルロスは父であるフェリペ二世に王妃との仲を疑われる。実際にカルロスが愛しているのは王妃の女官レオノールなのだが、フランスから嫁いできた王妃イザベルはもともとはカルロスの婚約者で、国同士の政治的な駆け引きでフェリペ二世の妻となったいきさつがあったからだ。
 一方、カルロスの親友であるポーザ侯爵は、ネーデルラント(現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクあたり)の新教徒が弾圧される惨状を目の当たりにし、カルロスに「フェリペ2世に弾圧を控えるよう進言して欲しい」と頼む。カルロスは王太子の立場でそれはできないと断りつつ、ドイツ語の聖書をポーザ侯爵から譲り受け、自分一人の力でネーデルラントを救う方法はないかと考える。
 ポーザ侯爵とカルロスは同じ想いを抱きながら行き違い、やがてカルロスは王妃と密会する現場で捕えられ、異端審問を受けるのだが、最後には疑いが晴れ、レオノーラの手を取って旅に出る・・・というストーリー。

 音月桂はソフトで温かみのある人なので、やさしい王子様という役柄がよく似合っていた。定評通り、歌が上手くいい声なので、聴いていて気持ちがいい。それに対し、疑い深く冷徹さを持つフェリペ二世の未涼亜紀も秀逸。この人も歌・演技ともに申し分ない。ネーデルラントを救いたいと思うあまり、親友である王子を裏切るという複雑さを併せ持つポーザ侯爵に早霧せいな。

 女役が添え物になりがちな宝塚にしては、原作がしっかりしているせいか、演じがいのある役が多く、相手役のレオノーラ舞羽美海の他にも、沙月愛奈のイザベル、エボリ公女の愛加あゆ、ファリペ二世の妹でカルロスの母親代わりとなった伯母ファナ役の涼花リサと、各々しっかりとした背景をもつ、演じがいのある役を好演していた。ただ、レオノーラが女官なので、衣装が地味で目立たなかったのはちょっと残念だった。

 引っかかったのは、王太子のカルロスが女官のレオノールに敬語を使うところとエボリ公女がポーザ侯爵と不倫して子供が産まれていたというエピソード。当時、王族は臣下とでさえ結婚しなかった時代なのに敬語は不自然。それからシラーの原作ではエボリ公女はカルロスが好きで、王妃とカルロスの仲を嫉妬する役なのに、なぜポーザ侯爵?と思うし、そもそもこのエピソードは必要なかったのでは。とはいえ、全体の好印象を壊すほどの欠点ではない。

 人によっては雪組は「音月桂以外は歌がねぇ・・・」という人もいるのだが、画家ティツィアーノの沙央くらま、異端審問長官の奏乃はるとは目立って歌がよかったし、下級生のコーラスも綺麗だった。

 ショーの「Shining Rhythm!」では中堅の男役に意識して見せ場を作っているような気がして、音月さんも退団するのだし、早く成長してくれよという劇団の祈りを感じたような気がする。。
 最後にショーの衣装が美しかったことと、エトワール透水さらさの歌声が際立っていたことを挙げて、筆をおきたいと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。