観劇・映画・ドラマ、ボルダリング、シーカヤック、健康法など、好きなこと、実践していること、興味のあることを徒然なるままに書いてみようと思います。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 宝塚宙組『仮面のロマネスク』と『アパショナード!! Ⅱ』
2012年02月14日 (火) | 編集 |
kamen.jpg

ミュージカル『仮面のロマネスク』
2月9日(木)、今年7月に退団予定の宙組コンビ、大空祐飛と野々すみ花を見ようと、遂に東京から名古屋・中日劇場までしてしまった! 席は2階の前から2番目。退団公演はチケットがとれるかどうかわからないし、新作だとクオリティが保証されていない。そこへいくと、ラクロの「危険な関係」を柴田侑宏先生が脚色となれば、悪いはずなかろうというものである。できれば、お気に入りの大空さんが名作を演じる姿を記憶に留めておきたいではないか(かなり言い訳がましい)。それに、1830年のパリ社交界を描いたコスチュームプライなら衣装が綺麗だろうし、クールなプレイボーイのヴァルモン子爵は大空祐飛にぴったりという気がする。「トラファルガー」のネルソン将軍のときに思ったのだが、彼女は貴族の軍服がよく似合うのだ。

この「危険な関係」、よほど芸術家の創作欲を刺激するらしく、1959年のジェラール・フィリップ/ジャンヌ・モロー版を皮切りに、なんと世界で8度も映画化されている。そのうち私が見ているのは、韓国の宮廷に舞台をおき換えたぺ・ヨンジュン/イ・ミスク/チョン・ドヨン主演の「スキャンダル」だけ。この映画はかなりリアルに恋愛模様を描いており、ドラマと違って韓国映画は過激だなとびっくりした覚えがあるが、演技も脚本もよくできていた。一緒に行った友人いわく、1988年にハリウッドが映画化したグレン・クローズ/ジョン・マルコビッチ/ミシェル・ファイファー/キアヌ・リーブス版もよくできているという。

さて、宝塚版はというと、本来ならヴァルモンがメルトュイユ夫人と賭けをして誘惑した貞淑なトュールベル夫人に本気になり、複雑な人間関係の糸が絡まって悲劇が訪れるという恋の戯れに隠された「純愛」がテーマなのに、ヴァルモンが心の底で愛していたのはメルトュイユ夫人で、夫人もまたずっとヴァルモンを愛し続けていたという設定になっている。心に付けた仮面をはずせなかった二人は、革命の足音が迫る別れの夜に初めて本心を明かし、最後のダンスを踊るのだ。

プログラムによると、柴田先生は原作の勧善懲悪的な結末に納得できなくて改変したと書かれている。しかし、メルトュイユ夫人は元恋人が15歳のセシルと結婚するというのを聞いて腹を立て、ヴァルモンにセシルを誘惑するようけしかけるという悪女なので、いくら社交界で生き抜くためとか言われても、どうも首をかしげてしまうのだ。私的には、娘役トップの野々すみ花がトュールベル夫人で、決闘で撃たれ、息絶え絶えになったヴァルモンが最後に一目会いたいと彼女のもとにやってきて、その腕の中で息絶えるという結末の方が宝塚らしいし、可愛らしいすみ花ちゃんのキャラクターにも合っていたような気がするのだが・・・。

とはいえ、大空・野々のコンビは本当に芝居上手だし、野々すみ花は「トラファルガー」以上に大人の女の役を堂々と演じきっていて、感心してしまった。もともと演技のセンスのある人だが、トップになって貫禄もつき、次元の違う上手さを身に付けた気がする。声がいいし、役になりきり型の女優さんなのだろう。

私のお目当ては大空さんであることは間違いないし、事実、とても仁に合った役でよかったのだが、『仮面のロマネスク』で「拾い物」と思ったのは、しどころのある脇役が多くて、娘役の好演が目立ったことだ。特にトュールベル夫人の藤咲えりは歌も演技も上手かった。宝塚はどうしてもトップ娘役以外はお飾り的なナンバー2の役以外、役らしい役がないのが難点なのだが、この作品はセシルの小間使いリーザなど工夫のしがいのある役がいくつもあって、下級生もやりがいがあるのではないかと思う。

ショー『アパショナード!! Ⅱ』
2008年8月に博多座でトップコンビのお披露目公演となった作品のリバイバルだが、私は見ていない。その頃はまだ、ズカに完全復帰?していなかったし、さずがに博多は遠すぎる。このショー、全体がスパニッシュ調で「情熱」がテーマなのだが、とにかく衣装がきれい。トップ二人の結婚式のような純白の衣装にはうっとりしてしまった。

4月から専科入りする北翔海莉の歌うシーンもたっぷりあって、歌の上手いスターが好きな私にはうれしいかぎり。サンバの場面で長身の男役が女の衣装を着て出てきたのもご愛嬌。舞台が狭く銀橋がないのを補うべくスターが客席まで下りてきてくれるのもうれしい。『仮面のロマネスク』が心理戦で人間関係も複雑で緊張を強いられた分、ショーは明るく楽しくリズムよく、あっという間に終わってしまった。かなり高得点のバランスのよい演目だったと思う。

スポンサーサイト

 「きみはペット」の楽しみはおなじみの脇役
2012年02月08日 (水) | 編集 |
pet1

TOHOシネマズのマイレージがたまったので、暗い世相に肩のこらないラブコメを見ようと(なんか言い訳がましいが)、六本木ヒルズでチャン・グンソクくん主演の映画「きみはペット」を鑑賞。3割ほど埋まった客席に座っているのは全員女性だった。

「きみはペット」の原作は元読売新聞の記者だった小川彌生が実体験をもとに描いて大ヒットした漫画で、日本では小雪・松本潤主演でテレビドラマhttp://www.tbs.co.jp/kimipe/になっている。私はまだドラマを見ていないのだが、ドラマの方もかなりいい出来だったらしい。長身でゴージャスな小雪に小柄なマツジュンというキャスティングがよかっったのかも。

さて、韓国映画のキャスティングはというと、小雪がやっていた30過ぎのキャリアウーマン役がキム・ハヌル。韓国でもラブコメの女王と言われているヒットメーカーらしい。元モデルだけあって、ミニスカートから出る足の美しさにはほれぼれするのだが、どうもルックスが地味というか、ちょっと薄幸そうな顔立ちがひっかかる。グンソクくんはというと、身長182センチで、168センチと女性にしては長身のキム・ハヌルよりさらに高いから、サイズ的に子犬という感じはしないのだけれど、「美男ですね」のオレサマキャラと真逆の役柄にそれほど違和感を感じないのは、演技の幅広さを物語っているような。

ストーリーはアメリカ留学経験もある出版社勤めのキャリアウーマンチ・ウニが、報道部門から女性誌に左遷され、編集長や同僚には「アメリカ帰りを鼻にかけた嫌な女」として疎まれ、「君は一人で生きていける」と恋人にもふられたどん底状態で、ひょんなことから弟の先輩でダンサーのカン・イノをペットの犬「モモ」として飼う(同居する)ことになるというもの。原作の設定を新聞社から出版社に、東大卒をアメリカ留学帰りに変えている。そこに、学生時代あこがれていて、かつて関係のあったコンサルティング会社勤務の大学の先輩チャ・ウソンが同じビルに勤務することになり、付き合おうといわれて有頂天になる。しかし、好かれたいと思うあまり、ハイヒールをはいてデートに行って足を痛めたりと、緊張の連続で気が休まらない。一緒にいて楽しいのは愛犬「モモ」の方で、一泊二日の「プロポーズ旅行」に出かけたにもかかわらず、ウニは「モモにえさをやらないと」とウソンをおき去りにして家に帰ってしまう。三高(もう死語だが)でルックスのいい先輩か、ダンサーで10歳近く年下のイノか、さて主人公の決断やいかに・・・というもの。この話、イノはペットだから、愛犬モモが好きなのか、人間としてのイノが好きなのか、チノ自身も混乱してしまうところがミソである。

この映画を見ていて思い出したのは、『「尊敬」という言葉がでたら恋ではない』という友達の言葉だった。主人公は本当に先輩が好きなのだけれど、好かれたいという気持ちが強すぎて無理をしてしまう。ショーウィンドウであれが着たいと毎日眺めていたドレスがいざ手に入ってみると、ちょっとウェストがきついし、汚れるのが怖くて好きな珈琲も飲めないし、カレーも食べられないしで、あんまりハッピーじゃない。これならいつものジーンズにGAPのセーターの方がよかったということだ。だけど、そうストレートに言われてしまった先輩もけっこう傷ついてしまうのだ。それって、お見合いで「私には過ぎた人ですが・・・」と言われたのと同じだから。お決まりのパターンをたどるラブコメなのだけれど、男と同じハードワークを要求されるキャリアウーマンに必要なのは、癒してくれる男なんだよという男女逆転のパラドックスがヒットした理由なのだろう。私が思うに、人間ってどんな人でも、世界に一人くらいは甘えさせてくれる人が必要だと思うし、それがなければ生きていけない動物なのではないだろか。だけど、理不尽にふられた先輩はかなりお気の毒で、実は自分に正直に生きるって、人を傷つけながら生きるということなんだよ、という隠れたメッセージが伝わってくるような・・・。

ストーリー展開はラブコメの定番を踏襲しているので、見ておトク感があったのは、韓国の時代劇で見ていたおなじみの脇役たちが何人も出演していたこと。あこがれの先輩を演じていたのは「ファン・ジニ」でジニに執着しながら恋路の邪魔をする王族ビョッケスを演じていたリュ・テジュン。本当に目鼻立ちの整った人で、韓国ではきれいすぎる人はいつも悪役に回されてしまうのだけれど、今回は完璧なエリートながら性格も「いい人」を演じていて、コミカルないい味を出していた。

tejun2

それから、編集部のちょっと意地悪な後輩を演じているのは「トンイ」で監察府(カムチャルブ)の尚宮チョンイムを演じたチョン・ユミ。「韓国のアメリ」と言われているらしい。確かに髪型を変えるとそんな感じ。くせのない爽やかな容貌の人だけど、悪役も似合うのは新鮮だった。

chon

そして、厳しくも人間味のある編集長を演じているのは、「善徳女王」で主人公トンマンの命を狙うミシルの護衛兵チルスクを演じたアン・ギルガン。
ギルガン
いかにも悪役っぽい面構えなのだが、どこか人間味が感じられて、私は大好き。実は一番感動したのは、ギルガン様が現代ものを演じる姿を見られたことかも。

世紀の大傑作ではないけれど、「きみはペット」はビジュアル的にもなかなかセンスのよいラブコメでありました。


 「海ほたる」から見たサンセット
2012年02月07日 (火) | 編集 |
週末の土曜日、珍しく房総半島まで足を伸ばし、帰りに東京湾アクアラインの真ん中あたりにあるサービスエリア「海ほたる」にあるスタバに寄った。「海ほたる」というのは木更津-川崎間の東京湾アクアラインの真ん中にあるパーキングエリアで、恋人たちのデートスポットになっている。夫が「今ならサンセットが見える」というので、抹茶フラペチーノとカプチーノを飲みつつ、しばらく窓の外から太陽を沈むのを眺め、その様子を撮ったのが下記の写真。太陽が沈むスピードが速いのと、沈んだ後の風景も余韻があって美しいのに驚いた。窓ガラスが少々汚いのが残念ではあったが・・・。

umi1
umi2
umi3

外へ出てから「そういえば、5Fのレストラン街へ上がったことないね」ということになり、上へあがる、なんとそこから外へ出て、海の景観が見られるではないか。何度もきているのに、おみやげ売り場ばかり見ていた馬鹿な私たち。展望デッキにはご覧のように、スマホや携帯でサンセットを見る人たちでにぎわっていた。

「なーんだ、汚い窓ガラスごしに写真をとることなかったじゃない」ということで、サンセット後の写真をパチリ。風が強く、空気が澄んでいるので富士山もちゃんと見える。ちなみに、半円形のモニュメント(彫刻ではない)は、海底トンネルの掘削に使用した14.14メートルの実物大のカッターフェイスだそう。

umi4

とっぷり陽が暮れると、展望デッキの突端にあるコンクリートブロックに埋め込まれた青いライトが点滅しはじめる。深く考えたことがなかったが、「これが海ほたるの由来なのか!」と納得(おそらく)。

umi6

余談だが、ランチをとった館山の食堂「漁師料理たてやま」はかなりオススメだ。天丼と海鮮丼をとったが、どちらも小鉢と味噌汁付きで、価格もリーズナブル。魚も新鮮だし、天丼のたれの甘さも絶妙だった。次に行ったときは、貝の網焼きに挑戦してみたい。お店の前にある無料の足湯もぽかぽか暖まってきもちよく、斜め前には本格的な日帰り温泉もある。

umi7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。